アフィリエイトで参考になる、SEO対策で効果出てるなと思うサイト

当ブログではSEO対策よりもコンテンツを重視するアフィリエイトのお話をさせてもらっています。

私は過去似アフィリエイト塾で詐欺に遭ったのですが、

アフィリエイトはSEO対策が大切です。bタグとstrongタグはしっかり使い分けましょう。

はっきり言ってこんなことどうても良いと思っていました。実際にどうでも良いレベルですし、全部strongタグで装飾しても上位表示できている記事はたくさんあります。

じゃあSEO対策はしなくていいの?効果ないの?

と聞かれれば「ノー」です。というのも、実際にコンテンツが役に立たないのにSEO対策で上位表示しているサイトがあるからです。

今回はコンテンツはダメだけどSEO対策のみで上位表示できているであろうサイトのお話です。

コンテンツが役に立たないけど上位表示できているサイト

ネット上で悪名高いのですが、「侍エンジニア」というサイト。

このサイトはエンジニア向けにプログラミングに関するTipsをひたすら公開していっているサイトです。

現役のエンジニアが使ってみて役に立たないと感じる

私はアフィリエイターであると同時に現役のエンジニアでもあります。

エンジニアは常に調べ物をしながらプログラミングを進めていくのですが、侍エンジニアが検索結果でやたらヒットするんです。

上位表示されるぐらいだから、侍エンジニアのコンテンツは上質なんでしょ?

というと、そうでもないです。はっきり言ってエンジニアである私からすれば、本当に役に立たない。記事を書いているエンジニアのレベルが低いと感じます。

  • 技術レベルが低い
  • 文章レベルが低い
  • 全部読まないと、わからない
  • 全部読んでみたけど、わからない
  • 記事構成がブログになっている。

エンジニアが求めるものは、下記です。

  • ページを開いたらすぐにわかる
  • すぐにコピペでコードが使える
  • 記事構成がサンプルコードありきに作られている

侍エンジニアのコンテンツはエンジニア向けの記事だけど、エンジニアが使うことのできない情報サイトなんです。

いらないことをだらだら書いていてほしい情報がどこにあるかわからない。

それでも、古来から存在するエンジニア御用達の情報サイトである「@IT」や「DOBON.NET」というサイトをしのいでいます。

さらにすごいことにマイクロソフトの公式ページすら追い越している。侍エンジニアが得意とするのはプログラミングではなくSEO対策だったのです。

クソだとSNS上で評判

このような意見を言っているのは私だけではありません。多くのエンジニアが同様の意見です。

下記が侍エンジニアを批判しているSNS、ツイッター、つぶやきです。

みんな批判ばかりしますが明確に何がNGかまでは答えない。でもNGとする理由は私が書いたようなことだと思います。

侍エンジニアの構造を分析してみる

事実としてSEO対策で上位表示できているのが侍エンジニア。なので、そのテクノロジーを盗ませてもらいましょう。

詳細については各々分析していただきたいです。分析する力を身につけるのもアフィリエイターのスキルの必須スキルです。

というわけで、ここでの分析はざっくりとしておきます。

おおまかに分析すると下記の要素です。

  1. 目次が多い
  2. つまり段落がしっかり分けられている
  3. metaタグをきっちり設定している
  4. 内部リンクを大量に張り巡らせている
  5. キーワードがシソーラス(類語)まで網羅されている
  6. キーワード使用を反復させている

とりあえず記事作成のときは上記を注意してみましょう。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. 基本はSEO対策<コンテンツ
  2. しかし、SEO対策が不要というわけではない
  3. コンテンツがユーザーに認められなくとも、SEO対策のみでも上位表示されるサイトは存在する

コンテンツが良くなくても上位表示ができているという事実。これは大変参考になるデータです。

これから先もずっと稼げるSEO対策、私は知っています。

とか言うアフィリエイト塾の詐欺師から教えてもらうのではなく、事実としてSEO対策で上位表示できているサイトから「盗む」んです。

この記事、問題ありそうだったら削除しますのでご注意を。