10年近くアフィリエイト継続してきた私がアフィリエイトの実態を語る

「アフィリエイトは本当に稼げるのか?」

と疑問に思う人は多いです。ゆえに、アフィリエイトの実態を知りたくて調べる人も多いです。

アフィリエイトについて調べていると、

  • 稼げる手法、教えます!
  • アフィリエイトで真の自由を手に入れましょう!

みたいな、商材の販売ガセットなんですよね。

ゆえに、アフィリエイトの実態が見えてこないんです。

というわけで、2000年代前半からアフィリエイトに取り組んでいる私が、実体験を通してわかったアフィリエイトの実態について書いておきます。

アフィリエイトって本当に稼げるのか稼げないのかの実態

まず、アフィリエイトの実態について知りたいという人は、

「アフィリエイトって本当に稼げるの?実は稼げない?」

というところが知りたいのではないかと思います。

結論から書くと、

「アフィリエイトは稼げます。私は実際に稼いでいます。」

ということなんですが、これだとそこらへんのブログと同じなので、その根拠をしっかり書いておきます。

ASPの経営が成り立っていることからして稼げる

アフィリエイトで稼ぐ、稼いでいる、ということは、ASP・広告主から報酬を頂いているということです。

つまり、アフィリエイトで稼いでいる以上に、ASP・広告主が稼いでいるというわけです。

では、ASPは現在どのくらいあるのでしょうか?

  • A8
  • afb
  • バリューコマース
  • アクセストレード
  • レントラック
  • フェルマ
  • etc…

列挙できないぐらいたくさん存在します。これらはすべて法人として機能しているASPです。

ASPが長く存在している、そして増えていっているという事実からして、アフィリエイトは稼げてはいるはずなんです。

また、広告も2000年代前半と比較するとはるかに増えていっています。というか基本的に増える一方です。

それだけ、商品を開発している広告主は広告の媒体としてアフィリエイトを認知しているということです。

アフィリエイト協会の調査でも稼げるという結果

アフィリエイトについて市場調査をしている団体があります。アフィリエイト協会というやつです。

詳しいことは本家のサイトを見に行けばわかるのですが、ざっとリサーチ結果を引用すると、

  • アフィリエイト市場の規模が広がっている
  • 稼げるアフィリエイターが増えている

ということがわかります。このリサーチ結果、事実からしても、アフィリエイトは稼げる、はずなんです。

実際に稼げた

かくいう私も実際にアフィリエイトで稼いでいます。

私はアフィリエイト以外にもソフトウェア開発などしていますが、大事な生活を支える柱の1つです。

どんだけ稼いでいるか、ということは、プロフィールを参考にしてください。

私もアフィリエイトに取り組む前はこんなもの稼げないと思っていました。

で、実際にやってみたところ、1年かけて月1,500円稼げるようになったんです。

「これ、ホントに稼げるじゃん…!」

という確信に変わりましたね。そこからより本気でアフィリエイトに取り組むようになりました。

稼げないと言われるが、「稼げはする」

その反面、アフィリエイトは稼げないと言う人も多いです。

この情報の実態としましては、

  • 実際に取り組んでみたけど稼げなかった
  • 概要を調べた、人から聞いてみて、こんなもの稼げない、と思った

いずれにせよ、アフィリエイトは稼げないと判断されたということです。

…が、しかし、アフィリエイトは稼げないのか、稼げるのか、で言うと、「稼げはする」んですよ。それは上述したように、

  • ASPというビジネスが成り立っている
  • 広告主にとって、広告の媒体として認知されている
  • アフィリエイトの市場規模が広がっている

これがアフィリエイトは稼げるという裏付け、事実なんです。

で、私はあえて「稼げはする」という表現を使っていますが、

  • 稼げる人は稼げる
  • 稼げない人は稼げない
  • 稼げる人と稼げない人に分かれる
  • 稼げる金額には個人差がある

ということなんです。

昔は本当に稼げなかった

1年かけて月1,500円稼げるようになって、稼げた!と思う人もいれば、1週間取り組んで1,500円しか稼げなくて、稼げない…と思う人もいます。

昔のアフィリエイトはお小遣い稼ぎ程度にしかならなかったと記憶していますが、最近ではアフィリエイトはビジネスとして成り立っていますし、情報も豊富です。

ずいぶん稼ぎやすくなったと感じています。私の今までの努力はなんだったのか、というぐらいに。

よくアフィリエイトの世界では、

「月5,000円の収入を得られるのは上位5%のみ」

などと言われます。ですが、この情報は古いです。いつまでその情報使ってるのってぐらいに。どれだけ多くの人が調べもせずに情報を鵜呑みにしているか、右から左に流しているだけかということがよくわかりますね。

最新のアフィリエイト協会によるリサーチだと、月5,000円以上稼ぐのは2019年のデータだと30%~40%程度です。

「月5,000円じゃすくねーよ…」

と思われるかもしれません。

ですが、昔は月5,000円稼げればかなりすごいことでしたし、今でも月5,000円稼げれば、月10万円の収入だって見えてきます。

アフィリエイトは自転車に乗るようなものです。昨日まで自転車に乗れなかった子供が、コツを掴んだ瞬間すいすいと乗れるようになる。そんなイメージ。

つまり、月5,000円の収入が得られるようになったのであれば、月10万円に届く見込みは十分にあるということ。

なのに、途中でやめてしまったりする人が多いんですよね。続ければいつかは目標に届くだろうというのに。

これがアフィエイトは稼げないの実態の1つです。

アフィリエイトは儲かる!という情報の実態

アフィリエイトは稼げる!という事実について書いてきましたが、アフィリエイトの闇の実態もあります。

アフィリエイトについて調べているとイヤでも、

「稼げるノウハウ教えます。24時間以内のお申込みのみです。普段は10万円ですが、今だけ3万円です。再販はありません。」

みたいな言葉で煽って商材を買わせようとしてきます。

「…こういうアフィリエイト情報商材、塾やスクール、コンサルって本当に稼げるの?」

というのも気になるのでしょう。実際に私は情報商材も塾もやったことがあるので、闇の実態も書いておきます。

情報商材

私は情報商材にトータルで100万円近くは突っ込んできました。

結論から書きますと、儲かる系の情報商材で本当に儲かったことはほぼなしです。

参考になるものはありましたが、参考止まりです。数ある情報商材の中ではルレアが一番参考になりました。

意図的に抽象的に作られているというのはあるのですが…

「…なるほど!すごく参考になった!勉強になった!…で、結局どんなサイトを作ればいいんだ?」

ってなってしまったんですよね。

参考にはなったけど、結局サイト作れなかったんです。で、アフィリエイトはサイトを作らなければ100%稼げないです。

というわけで、ネットで出回っている儲かる系のアフィリエイト情報商材は買う必要がない、というのが結論です。

アフィリエイト塾、スクール、コンサル

私が一番痛い目を見たのがアフィリエイト塾です。

トータルして50万円ほど突っ込んだのですが、結論から言うと詐欺でした。

ざっくりとした流れだけ書いておきます。

  1. LPなどを見て、アフィリエイト塾長に惚れ込む
  2. 数十万円を支払って実際に入塾してみる。
  3. アフィリエイト塾長が現れない、いるのは外注の講師のみ。
  4. 外注講師のテンプレ回答を参考にしながらサイトを作ること1年
  5. 数百円しか稼げない
  6. 稼げない結果を見て、さらなる高額バックエンドのアフィリエイト塾を推奨される
  7. 断る→強制退塾

要は、アフィリエイト塾はアフィリエイター育成プログラムではなく、アフィリエイト塾長の集金システムなんです。

すべてがそうとは限りませんが、私が体験したものは100%詐欺しかなかったです。

詳しいことは別の記事でも書いていますので、参考にしてみてください。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. アフィリエイトの稼げる、稼げないの実態としては、稼げる
  2. 根拠はASPが成り立っていること、広告が増えていること
  3. ASP・広告が成り立っているということは、アフィリエイトで稼いでいる人がいるということ
  4. アフィリエイト協会のリサーチ結果でも市場規模が拡大しているという結果が出ている
  5. 反面、アフィリエイトは儲かるという情報商材は詐欺も存在する
  6. 実際にアフィリエイト塾で詐欺られた経験あり

これがアフィリエイトの実態です。他にもアフィリエイトの実態・真実が知りたい方はどうぞお問い合わせページからご連絡ください。