これだから稼げない!アフィリエイトがうまくいかない6つの理由

アフィリエイトを真面目に取り組んでいるのに結果が出ない…

そんな悩み、アフィリエイターとして活動していたら一度や二度は思うはずです。

中には最初に作ったサイトがいきなり月100万に成長するといった体験する人もいるかもしれません。

ちなみに私は2000年代前半からアフィリエイトに取り組んでいますが、1サイトで月100万超えなんてサイトは作れた試しがありません。

ですが、私は1日100~200PV程度で10万以上稼ぐサイトの作成には成功しています。少ないアクセスで稼ぐサイトを複数作成し、稼いでいます。

複数のサイトを作成して稼ぐということは、

  • 再現性がある
  • リスク分散になる

といったメリットがあります。サイト作成には当たりハズレがあったりするのですが、私の失敗した経験を通して、アフィリエイトがうまくいかないときの特徴、理由についてまとめてみます。

1 サイト作成時に設計ができていない

アフィリエイトサイトで失敗する多くのパターンとしては、サイト作成時に設計ができていないというのが大きいです。

  1. サイト作成時に完成をイメージできていない。
  2. サイト作成途中に狙うキーワードを増やす
  3. サイト作成途中にコンテンツ、カテゴリを増やす

サイト作成時にはサイト設計を行うべきです。サイト設計とは、

  1. キーワード
  2. カテゴリ
  3. コンテンツの内容、数

などを決めておくこと。それが完了したら一旦スパッと切り離して次のサイト作成に移ります。

サイト設計をしておくと、サイトのテーマ・コンセプトがブレなくなります。

  • 何を伝えたいのかよくわからないサイト
  • 狙いが広すぎるサイト

になってしまうことを防ぎます。

私は過去に某ASPで抽選で参加できる勉強会に参加した時、実践的なノウハウを教えてもらったことがあるのですが、そこでサイト設計をすること、サイト作成前に完成形がイメージできていること、ということを教わりました。

サイトの完成形がないと、稼げないサイトにいつまでもずるずる時間リソースを費やすこともあります。

2 最低限のSEO対策を理解していない

当ブログではSEO対策なんて初心者ホイホイ、情報商材販売者やアフィリエイト塾・コンサルのエサであると主張しています。

ですが、当然ながら最低限のSEO対策は必要です。

アフィリエイトはSEO対策が大切です。bタグとstrongタグは使わけましょう。

上記のようなことを私が所属していたアフィリエイト塾で強く言われてました。しかし、そんなことはどうでもいいんです。

  • サイトタイトルにキーワードを入れる
  • 記事タイトルにキーワードを入れる
  • hタグにキーワードを入れる

などなど、Google検索アルゴリズムの気持ちになって、作成しているサイト・記事がなんなのかということを伝える。これが最低限のSEO対策です。

細かいSEO対策はすべてWordPressやシリウスにお任せします。素人が手を出すところではないです。

そんなこと、言わなくてもわかってるでしょ?

という気持ちなのか、サイトタイトルや記事タイトル、hタグにキーワードを入れていない人は多いです。

3 狙っているキーワードが広すぎる

アフィリエイトでうまくいかないケースで、狙っているキーワードが広すぎるというのも多いです。

たとえば、アフィリエイトでは下記のジャンルが稼げると言われています。

  • ダイエット
  • クレジットカード

上記ジャンルが儲かるという話を鵜呑みにして、「ダイエット」、「クレジットカード」というキーワードを狙ってサイトを作る人がいます。

  • ダイエットサプリおすすめ比較ランキング
  • クレジットカードおすすめ比較ランキング

などなど。上位表示できれば稼げるとは思いますが、法人で取り組んでいる強豪アフィリエイターがいるので個人アフィリエイターではまず勝ち目はないでしょう。

私の知人アフィリエイターの話ですが、ファッションレンタルについてサイト作成する人がいました。

彼はアフィリエイトに初めて取り組んでいたのですが、狙ったキーワードが「ファッションレンタル」でした。

今ではファッションレンタルは市場規模もだいぶ大きくなったジャンルですが、当時はまだまだマイナーだったんです。

どれだけ現時点でマイナーであろうと、キーワードが単一キーワードだとあとから来るライバルに刺されます。

また、「ファッションレンタル」だけではユーザーの背景事情までは読み取れません

  • 結婚式に来ていきたい服装なのか?
  • 韓国風ファッションなどを試してみたいだけなのか?

などなど。せっかくファッションレンタルで検索してサイトに訪問してくれても、

「…知りたかったのはそういうことじゃないんだよなぁ~」

といって去ってしまう。

4 ライバル調査ができていない

アフィリエイトで大切なのは需要と供給のバランスです。

需要のあるキーワードであってもライバルがたくさんいては稼げません。

上述した狙っているキーワードが広い、というのにも通じるところがあります。

アフィリエイト初心者、初心者に限らず、狙っているキーワードが広い人が多いです。

  • ダイエット
  • クレジットカード
  • ファッションレンタル

実際に検索してみてください。上位には大手・法人がずらりと並びます。特にファッションレンタル。業者のサイトが多数表示されます。

ポイント
個人アフィリエイターは弱いです。なので、戦略としては孫子の兵法「戦わずして勝つ」です。

同じく孫氏の言葉、「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。自分と相手の力量をしっかり見極めましょう。

勝てないものは勝てない。無理に戦わず、ライバル不在、かつ、あとからライバルが現れない戦場を選びます。

5 ターゲットを絞れていない

多くのアフィリエイターができていないことだと感じています。

稼げればなんでもいい

という考えの人が多いのですが、アフィリエイトはビジネスです。ユーザーを置き去りにして報酬をもらえるはずがないです。

ユーザーを置き去りにしているということは、

  • ただサイトを作成しているだけ
  • ただ記事・コンテンツを追加しているだけ
  • ただ検索順位上位を狙っているだけ

ユーザーの役に立つ、価値を提供するということを置き去りにしています。

たとえばレンタルサーバという検索キーワード。レンタルサーバで検索する人はどんな検索意図があるでしょうか?どんな背景事情があるでしょうか?

少し考えてみてください。

…考え中。

たとえば下記のようなものがあるはずです。

「アフィリエイトをやってみたいのでレンタルサーバを契約しよう」

「起業するので自社のHPを作りたい。レンタルサーバを契約しよう」

それぞれ、レンタルサーバを契約するという目的は同じですが、動機がまったく別です。

アフィリエイトだったらアクセス数が少なくて良いので共用サーバで良いでしょう。自演リンクなども追加する可能性もあるので、IP分散サーバという選択もありです。

事業用にレンタルサーバの契約する人ならば、稼働率や速度が重要です。なので、共用サーバではなく専用サーバも選択肢に入ってきます。

上記のように、最終的な目標は同じでも、おすすめするレンタルサーバは異なってきます。

ゆえに、

  • アフィリエイト向けおすすめレンタルサーバ
  • 事業者向けおすすめレンタルサーバ

というように、ターゲット向けに絞ることができるはず。

「…ターゲットを絞るとアクセス数が下がるから稼げないじゃん!」

と思うかも知れませんが、私の経験上絞ったほうが成約しやすいと感じています。ゆえに、1日100PV~200PVで10万以上稼ぐ、というわけです。

6 ノウハウにこだわりすぎている

アフィリエイトの世界には真偽不明のノウハウがごろごろ転がっています。

  • アフィリエイトの情報商材
  • アフィリエイト塾・スクール・コンサル

アフィリエイトは稼ぎにくくなっています。ですが私は稼いでいます。初月で100万、稼げるノウハウはここにあります。限定5名、明後日まで。

煽りまくって商材を買わせようとしてきますよね。

不思議なことに、アフィリエイトで稼ぐには裏技的なノウハウがあって、その裏技を知らないと稼げない、独学だと稼げないみたいに思われている人が多いようです。

私の経験上、アフィリエイトにはたしかにGoogleの脆弱性を突いた裏技的なものがあります。実際に今までに何度もそういったとがありました。

ですが、そういった穴は普及すると例外なく修正されてきて、そのたびにアフィリエイターが「アフィリエイトはオワコン」などと捨てぜりふを吐いて退場していきました。

私は2000年代前半からずっと、ユーザーの役に立つ物を作るということをモットーに続けていて、未だに生き残っています。

ポイント
アフィリエイトはノウハウを求めるほど沼にハマっていき稼げなくなるもの。

アフィリエイトで稼ぐのに必要なのはノウハウではなく実践です。作業が無駄になるのを恐れずにひたすらサイトを作成し、フィードバックをかけていくだけ。つまり正攻法が一番ということです。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. アフィリエイトサイトは作成時に完成形イメージする、設計しておく
  2. SEOについてはタイトルなどにキーワードを含めるなど、最低限の知識でOK、こだわりすぎない
  3. キーワードは単一のように広いものを狙わない
  4. アフィリエイトは需要と供給のバランスが大切、需要がそこそこあって供給が追いついていないところを狙う
  5. ターゲットは絞る。検索キーワードは1つでも、検索意図、背景事情は複数存在する
  6. アフィリエイトはノウハウで稼ぐものではない。必要なのは実践とフィードバック。

私もアフィリエイトでうまくいかないという経験はイヤというほどしてきました。

作業が無駄になったと感じることもたくさんあります。

一番無駄だったのが、アフィリエイト塾に50万円と1年という時間を費やしたことです。そもそも詐欺でした。

一方、自分のアイデアで実践して作ったサイト、鳴かず飛ばずのサイトというのもありましたが、しっかり分析することで次のサイト作成に活きました。

つまり、信念を持ってして作ったものは全く無駄にはならないということです。

しっかり時間かけて作り込んだのに1円にもならない、そんなこともあるかもしれません。

ですが、そういった失敗を恐れて行動しないのが一番、時間の無駄です。

稼げなければ無駄、と思うかも知れませんが、何かしら自分の血・肉になっているはずです。恐れずに進みましょう。