検索意図とずれのないアフィリエイトサイト作成法と1位を奪った体験談

検索意図とずれのないアフィリエイトサイトの作成方法

今までに知り合いアフィリエイターのアフィリエイトサイトをたくさんレビューしてきたのですが、多くの人がユーザーの検索意図とずれたサイトを作成しているんですよね。

まぁ私自身も常にずれなくサイト作成ができているかというとそうとは言えませんが。

ユーザーの検索意図とずれたサイトを作っていては上位表示はできないし商品は売れません。

というわけで、今回はユーザーの検索意図とずれのないアフィリエイトサイトの作成方法と、実際に検索順位1位を獲得、奪ったサイトの体験談についてお話をします。

検索意図とずれたサイトが1位だったので、検索意図と合致するサイト作ったら1位になった

ここでは私が実際に体験した話をします。

とある資格案件の話なのですが、私がリサーチをしている時にその案件で検索順位1位にいたサイトがあったんです。

基本的にはライバル不在を狙っている私ですが、ライバルをチェックして勝てそうであればサイトを作成して勝負をしかけます。

で、ライバルサイトを見てみると…。

  1. 完璧な正論を書いている。
  2. 調査をした結果が情報ソースも添えて書かれている。
  3. 資格の正当性を証明する、完璧なサイト。

はっきり言って勝ち目はないってぐらい完璧でした。検索順位1位になっているのも納得です。

が、しかし…私はこのサイトの順位を追い越して1位を奪いました。なぜそんな事ができたのか、説明していきます。

ユーザーが求めているものは何か?

私が着目したのは、

ユーザーが求めているものはなにか?

ということ。

大切なことを書きますが…アフィリエイトやるなら、

  • 本気でユーザーの立場になって考える。
  • むしろユーザー本人になりきる。
  • その商品を購入しようと本気で思った時にどんなことを考えるのか?
  • どういう経緯で購入に至るのか?

ということを真剣に考えます。

そうすると見えてくることがあるはず。たとえば何かしらの資格について…

ポイント
本当に知りたいのは資格の正当性なのでしょうか?

アフィリエイト案件で扱われる資格ってマイナーなものもあったりして、

この資格、本当に社会的に評価されているものなの?取る価値あるの?

と疑問に思うこと、あります。

もともと検索順位1位にいたライバルもそう思って資格の正当性を証明するようなサイトを作ったのでしょう。

資格の正当性を証明するアプローチは間違いであると私は考えます。

ではどういったアプローチが正しいのかと言うことを書いていきます。

ユーザーは商品そのものがほしいわけではない

ユーザーは資格の正当性を知りたいわけじゃないんです。資格がほしいわけじゃないんです。

じゃあいったい何がほしいのでしょうか?ちょっと考えてみてください。

…考え中

…考えてくれました?では私なりの答えを書きましょう。

  • ユーザーは資格を取得することで、どんな仕事ができるようになるのか知りたい
  • 実際に資格を使って仕事についた人の体験談を知りたい。

ということです。

ユーザーは「資格を取得したあとの未来」が欲しいんです。

資格ほしいだけの人なんて、資格コレクター以外にいません。資格コレクターってどのぐらいの割合でいるんでしょうかね?そんな少ないユーザーをターゲットにしたいですか?したくないですよね。

ユーザーは資格を手に入れることによって得られる利益、ベネフィットに対してお金を払うんです。

ユーザーが求めているものは商品を手に入れた後の「未来」

「資格を取得したあとの未来」について深く説明していきます。

どんな資格でも言えることですが、資格を取得した後でなければできない仕事や、資格を取得することで就職に有利になることがあります。

  • 資格案件なら資格の正当性を語っても効果は薄い。
  • 資格を取得することで、どんな仕事ができるようになったか、有利になったを語るべき。
  • すなわち、出した金額に対してどれほどのペイがあったかを語る。

これがビジネス用語で言う「ベネフィット(利益)」ってやつです。要は損得勘定して支払う金額以上の利益があると見込めれば買うんです。

ちなみに私はその資格案件でサイトを作ったとき、どんな仕事ができるようになったのかを広告主に聞いてみたりタウンページ調べてみたり、データを添えてサイトを作りました。

…め、めんどくさい…

と思うかもしれませんが、これがユーザーの思考コスト、行動コストを削減に貢献する価値あるサイトになるんです。

  • 資格の正当性を証明しょうとするライバルサイト
  • 資格を取得した後の未来を見せる私のサイト

同じ案件、同じキーワードでも全く違ったサイトが出来上がります。

まとめ

以上をまとめると下記です。

  • アフィリエイトはユーザーの検索意図を見抜けなければ上位表示できない。よって読まれることがなく結果的に稼げない。
  • ユーザーが求めているキーワードに対する回答がなにか?ユーザー本人になりきって考える。
  • ユーザーがほしいのは商品そのものではなく、商品を手に入れることで得られる利益にお金を出す。
  • 資格案件なら資格の正当性といった中身の話ではなく、資格を取得した後にどういった仕事ができるようになったかを語る。

いくら完璧なサイトを作ったとしても、ユーザーの検索意図とずれたサイトを作成してしまっては後発サイトに負けることがあります。

まぁ私としてはそういった完璧なサイトだけど検索意図とずれたサイトがいてくれるとうれしいですけどね。だってたくさんの人がサイト作成あきらめてくれる上、検索意図と合致したサイト作れば1位を奪えるわけですし。

この検索意図を見抜けるようになるためにはとにかく経験・訓練が必要です。

SHARE