アフィリエイトで稼ぐ情報商材買ったけど全然稼げなかった5つの理由

アフィリエイトの情報商材を購入して失敗

インフォトップではアフィリエイトで稼ぐ系の情報商材がたくさん販売されています。

私も今までにたくさんの情報商材を購入しましたし、アフィリエイト塾にも入りました。

情報商材に投資してきた金額は合計すると100万円を簡単に超えています。

で、実際に稼げるようになったのかというと…稼げるようになっていません。

稼げるようになるはずの情報商材。なぜ稼げなかったのか?その理由を書きます。

アフィリエイトで稼ぐ!系の情報商材買って稼げなかった

情報商材を読んで満足してしまう

私はいままでにたくさんの情報商材を購入しました。

  • ルレア
  • アフィリエイトファクトリー
  • 下剋上
  • etc

などなど。有名どころは一通り買ったと思っています。上述した情報商材は有名なもので、ネット上でも評判が良いです。

せっかくのアフィリエイト系の当ブログ、

すごく良かったです!買ってください!

と書いてリンクを貼って報酬をゲットしたい気持ちもあるのですが、そんな気持ちをぐっと抑えて正直に書きます。

  • たしかに参考になる情報ではある。
  • 私が進む方向性とも合致しているところもある。
  • 忠実に実践していけば稼げるように成長できると思う。

ですが、アフィリエイト初心者だった私は情報商材を読むだけで満足してしまっていたんですよね。

読んで満足して結局全然アフィリエイトサイトを作ってなかったのです。

ルレアを読んで初めてショートレンジサイトを作ったのは、読み始めてから数年後でした。

どんなに良い情報商材でも実践しなければ1円の価値もないということです。

情報商材を読み終わった後、他の情報商材に目移りしてしまう

上述しましたように、とても参考になる情報商材というのは存在します。私はアフィリエイトで詐欺られたことがありますが、本物?というか本質を捉えた情報商材があります。

この情報商材は良かった…!本当に良かった…!

…そう、アフィリエイト初心者だった私には目からウロコ、良すぎてしまったのです。

こんなに良いものがあるなら他にもきっと良いものがあるに違いないと思い、次々と情報商材を買い漁っていたのです。

情報商材を読みまくって、

これだけ論理武装すれば絶対に稼げるだろう…!

とか思っていました。結果は全然稼げませんでした。原因は圧倒的に作業量が少なかったのです。

  • 情報を取り入れすぎた結果、身動きが取りづらくなり作業効率が低下。
  • キーワードやライバルリサーチなども条件が厳しすぎてなかなかサイトを作れなかった。

1年で1サイトも作れなかったときもありました。

参考になる情報商材はたしかにあります。ですが、むしろ情報商材なんて読まないほうが良かったかも知れない、と振り返ってみると思うのです。

内容が抽象的すぎて作業を開始できない

情報商材を読んで感動してはいたのですが、いざ作業をしてみようと思うと、

あれ?何から始めればいいんだろう?

ってなってしまうんです。それで手が動かずサイトが作れない。

たとえばルレアという情報商材。実際に読んでみて参考にはなったのですが、冷静に読み返してみると内容が抽象的なんです。

実際にルレアの中にも「抽象的な内容にしています」と書かれています。理由は、あえて抽象的にすることでアフィリエイター同士でノウハウが競合しないようにするためだとか。

…なるほど!さすがルレアさんだ!!

などと思っていたのですが、初心者アフィリエイターは詳しく作業手順を書いてくれないと作業進められないんですよね。

  1. Aをする。
  2. Bをする。
  3. Cをする。

みたいに。最初は機械的にマニュアルに従って作業を進められるとベストなのですが…。そう思ってアフィリエイト塾に入ったら見事に詐欺られました。

情報商材もアフィリエイト塾も、あまり期待してはいけないということです。

作業手順が知りたいなら、自分の頭でどんな作業が必要なのかをすべて洗い出すことです。これ、日常の仕事でやっていることですよね?できないわけがないです。過去の自分に言ってやりたい…。

机上の学習だけではアフィリエイトは上達しない

どんなことでも同じことが言えます。情報商材、書籍など、机の上でどれだけアフィリエイトの勉強をしても、アフィリエイトが上達することはありません。

吉本新喜劇で有名なネタですが、

MEMO
こう見えても空手やっとったんやぞ。まあ、通信教育やけどな。 by岡八郎

どうでしょう?通信教育の空手で達人の領域まで上達できると思いますか?

机上で空手を勉強するよりは実際に空手教室に通ったほうが上達する、上達は早いでしょう。

アフィリエイトは優れた情報商材を探す、手に入れるよりも、失敗してもいいからとにかくサイトを作ることです。

情報商材が実は全然稼げない情報、そもそも販売者にとっての集金システムでしかない

一番たちが悪いのが、情報商材は稼げるようになるための商材ではなく、販売者にとっても集金システムでしかないというパターンです。

私が今までに購入してきた情報商材でもいくつかこのパターンがありました。情報商材コレクターである私だからこそ読んで、見てわかる話。

  • 情報商材が安かったので購入したらフロントエンド商品だった
  • その後高額なバックエンド商品を勧められる
  • 高い情報商材でもフロントエンド商品だったりする
  • しかも複数のバックエンド商品があり、全部買わないと完成しない

アフィリエイターの中には広告としてのアフィリエイトで稼いでいない人も多いようです。「アフィリエイトは稼げる」をエサにして稼いでいるアフィリエイターもいるということ。

私が詐欺られたアフィリエイト塾も上記のパターン。

成果が出ずに悩んでいた時にサイト作成についてフォローをするのではなく高額なバックエンド商品を勧められるだけだったという。そして断ると客ではなくなるという。まさに悪質。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. 情報商材は読んで満足してはいけない
  2. 複数のノウハウは不要
  3. 情報商材は結局、抽象的で作業進められない
  4. アフィリエイトは実践しないと上達しない
  5. 情報商材で稼げるのは情報商材を販売している人

当ブログでは情報商材のアフィリエイトリンクは貼りません。たとえそれに需要があったとしても。

ルレアやアフィリエイトファクトリー、買ってはいけないと思いますがヤフオクなどで数百円で販売されてます。

あえて当ブログでアフィリエイトリンクを貼る必要はないでしょう。

トータル的に考えると情報商材は参考にはなったものの、直接利益につながったものはなかったです。

「今だけ!」とか、ユーザーを煽ってきますが、買わずに後悔したことは1度もなかったです。つまりそれが答えなんです。