MacとWindowsから学ぶ、今後作るべきアフィリエイトサイトの方向性

windowsとmacの違いからアフィリエイトサイトの方向性を学ぶ

私はパソコンが好きです。パソコンというかコンピュータに詳しいです。情報処理の国家資格も複数持っている10年戦士のエンジニアです。

パソコンと言えば昔はみんなWindowsでしたが、最近ではMacを持っている人も増えましたね。それでもまだMacは全体の10%程度なのだそうですが。

私はMacもWindowsもどちらも持っていますが、MacにはMacなりの良さがあります。その良さの1つに今後作るべきアフィリエイトの方向性にも通じるものがありますので、お話したいと思います。

MacとWindowsから学ぶアフィリエイトサイトの方向性

Windowsは「未完成品」、Macは「完成品」

いきなり一言でWindowsとMacの違いを書いてみます。その違いとは…

  • Windowsは「未完成品」
  • Macは「完成品」

…どういうこと?

ってなりますよね。詳しく説明していきます。

たとえば、Windowsは買ったあとからWordやExcel、バックアップのためのソフトなどソフトをあれこれインストールしないと使い物にならないです。

一方、Macは買って箱を開けて電源を入れればすぐ仕事に使えます

WordやExcelに相当するソフトは最初から内蔵されていますし、バックアップについてもTimeMachineという優秀なソフトが最初から入っています。

さらに言うと、Windowsのデスクトップタイプですと拡張スロットとかあってあとからパーツも追加できるんですよね。たとえばデュアルディスプレイするためのグラフィックボードとか。

またまた一方Macはというと…そもそもパソコンのフタが基本的に開かないように出来ています。

テルマエ・ロマエの作者、ヤマザキマリさんが『スティーブ・ジョブズ』についてマンガを書いているいるのですが、そのマンガの中でスティーブ・ジョブズはこう言います。

Macには拡張スロットもないしフタも開かない!ユーザーにはこういうものだって思って使ってもらいたいんだよ!

これの意味するところってつまり、「Macはこれで完成品」ってことなのでしょう。Macは完成品を売ってるってことなんです。

WindowsとMacの話をアフィリエイトに置き換えてみる

アフィリエイトに置き換えて言うならば、

  • ブログはあとから記事を追加し続ける、拡張性はあるが常に未完成、Windowsのような立ち位置
  • アフィリエイトサイトは完結した情報、完成したもの、Macのような立ち位置

ユーザーに価値提供できるのはどちらが最適でしょうか?1サイトで欲しい情報がすべて完結するサイト、「完成しているサイト」のほうが適していると思いませんか?

追加される楽しみがある、というのはありますが、未完成品をユーザーに提供して真に満足してもらえますかね?

あとから追加する必要がないから考える・迷う余地がない

私はパソコンのヘビーユーザーで、昔はよく自作PCとかいじっていました。自作PCっていろんなものが追加できて夢が広がって楽しんですよね。

楽しい面もありましたが…いろいろ悩みもありまして…

来月はあのパーツを買おう…でもお金が…こっちとこっち、どっちがお得かな…

当時の私の深刻な悩みはお金でした。学生~社会人なりたてぐらいでしたのであんまりお金なかったです。給料がどんどん消えていく。せっかく割安な自作パソコンなのに…累計で50万以上は使ったと思います。

PC好きの私はある日Macに手を出してみたんです。その頃のMacはOSが「Snow Leopard」。(もう10年ほど昔の話…知らない人多そう。)

Macに変えてから…稼いだお金をPCパーツに変えてきた私はピタリと出費が止まったんです!

理由はMacには拡張性がないから。拡張性がないというのは機能的な視点で見ればデメリット・弱みかも知れません。ですが拡張する必要がない、完成品であるとも言えるんですよね。

これまたアフィリエイトに置き換えてみます。

あなたは個人でアフィリエイトをやるとします。拡張性のある大型資産ブログを運営するとして、一生定期的に記事追加し続けることはできますか?ユーザーに未完成品を提供してお金もらえる自信ありますか?

仮にあなたが狙って作った大型資産ブログで毎日記事を追加し続け、1年かけて月5万稼げるようになったとします。

…あなたは月5万円の副収入で満足ですか?月5万円のために毎日記事を書き続けますか?

これは私の体験談ですが、上記とほぼ同じ状況の時があったんです。

ブログ飯とかいう本読んで毎日記事投稿とか3ヶ月ガマンとか100記事からとか言うんでその通りにやってみました。で、実際に稼げました。

ですが、1記事あたり30分~1時間の作業を毎日継続して月5万。これって自分の伸びしろを台無しにしていると思いませんか?

月5万の収入がなくなるのが怖くて次のステップに進めなくなるんです。

「完成があるサイト」を作っていけばある程度放置できますので、キャッシュポイントを1つ2つとどんどん増やせます。

結果、コスト削減につながる

かるく上述していますが、Macを使いはじめてからパソコンにお金をかける浪費がピタリと止まりました。

当時、頭の中は自作パソコンのことばかり、お金は自作パソコンに使ってばかり。これらがピタリと止まったということは、

  • 考える時間の削減
  • 浪費の削減

につながったということ。Macは上記の利益を与えてくれたというわけです。

結果的に、10万円以上するMacですが、割安な自作パソコンより安く済んだ、その差額だけ利益があったことになります。

要は、10万円と聞くと高く感じますが、10万円以上の価値があると納得させることができれば売れるんですよ。

アフィリエイトに置き換えても似たようなことが言えますよね。ユーザーが知りたい情報を先回りして収集し、わかりやすくまとめることで『考える時間の削減』ができます。

この商品、本当に自分の抱えている悩みを解決してくれるのだろうか?

と悩んでいるユーザーに対して、

  • 悩みを解決することができると判断させる
  • もっともベストなお買い物はこれ!

ということを納得させられれば売れるんです。納得させるサイトを作り上げるには、迷う余地を与えさせないサイトであり、完結している、完成しているサイトでなければならないです。

しつこいくらいに「納得」という単語を出していますが、「説得」ではないんです。「納得」なんです。これ重要。ユーザー自身に最終の意思決定をしてもらうことが大切。

…ていうか、完成形が見えない状態でサイトを作って稼げると思います?メーカーとか、なんとなく売れそう、とか思って行き当たりばったりでモノ作りますかね?普通はアンケートとかリサーチしたり製品の設計をするんじゃないですかね?

…と、10年戦士のエンジニアは思う、つまりそういうことなんです。

まとめ

以上のことをまとめると下記。

  • ブログ・サイトには完成・未完成がある。
  • 完成されたサイトは記事の追加が必要ない。
  • 未完成のサイトは永久に記事を追加し続けなければならない。
  • 小規模で良いので完成しているサイトを作るべき。

大切なのはユーザーが知りたい情報を代わりに収集し、わかりやすくまとめておくなど、サイトを見ることで調べる時間が削減できるなど価値を提供すること。

アフィリエイトで稼ぐためには記事の量産が必要という話をよく聞きますが、断じてそんなことはないです。むしろサイト作成前にサイト完成イメージを持って挑んだほうがキレイにまとまったサイトに仕上がります。

たとえば、小規模サイトだと上位表示できないなんてことはないです。もしそう思っているならそれは誰かが言ったことを鵜呑みにしているだけか実際に試していないか、やってみたけどゴミみたいなサイトしか作っていないかのいずれかです。

記事をひたすら追加するブログはどうもサイトのジャンルが広がっていく傾向にあります。あとからいろんなカテゴリが追加されていって気がつくと田舎の旅館みたいに旧館と新館が出来あがって渡り廊下でつながっている、いかにも美しくない建造物のイメージ。

キーワードしだいでは1ページしかないペラサイトでも全然上位表示できます。小規模でいいから完成のあるサイトを目指してみてください。

SHARE