アフィリエイトのサイト名の決め方!売れるサイトがやってる3つのこと

アフィリエイトでサイトを作ってみようと思っても、作る内容自体はイメージがあるのに、どうしてもサイト名が決まらない…。

そんなことで悩んだりしていませんか?私はよく悩んでいました。

たとえばペラサイトとかだと「●●(商品名) + 最安値」みたいなキーワードで、

「●●が最安値はいくら!?買えるお店はここ!!」

みたいなサイト名になります。でもこれができるのってペラサイトだけですよね。安いのは商品じゃなくてお前のサイトだっつー話です。

ある程度の規模のサイトになってくるとネーミングセンスが問われます。

というわけで、今回は私が実践しているアフィリエイトのサイト名の決め方、考え方、命名規則についてのお話です。

アフィリエイトのサイト名はどうやって決める?

まず最初に、アフィリエイトサイトの名前を決めるための考え方について説明します。

1 記憶に残る名前

一度訪問してもらったユーザーが再度訪問してもらうためには、記憶に残るサイト名にする必要があります。

ユーザーがブックマークしてサイトに再訪問してくれるとは限りません。

ブックマークってちょっと手間ですし、ブックマークがごちゃごちゃするのを避けるために、簡単にブックマークはしない。

ブックマークってハードルが高いんですよね。

なので、再検索してもらいやすいような、一度訪問したら記憶の片隅に残るようなサイト名にします。

2 語呂の良さ

記憶に残るサイト名にするためには語呂の良さも大切です。

ペラサイトみたいに、「●●が最安値で買えるお店はここ!」なんていうサイト名ではダメ

  • マイナビ
  • リクナビ

などなど。語呂の良さも取り入れたいところ。

3 キーワードを入れる

さらにサイト名を決めるためのハードルを高めてしまうのがキーワードを入れるということです。

「サイト名・サイトタイトルには必ずキーワードを入れてください」

アフィリエイト関連情報発信者はかならずそう言います。私もこれについては同意です。

では、転職サイトのマイナビとかってサイトタイトルに転職って入っていますか?

「マ・イ・ナ・ビ」

入っていませんよね。…正確には、「入っていないように見える」です。

最近ではサイトタイトルにキーワードを入れないサイトも多いです。

  • ●●ログ
  • ●●部

などなど。それでもGoogle様が自動で判定しているのだと思うのですが、若干損しているように感じます。

アフィリエイトサイトの名前の決め方・考え方

というわけで、私が普段から実践しているアフィリエイトサイト名前の決め方、考え方についてです。

短くする、4文字程度

まずサイト名は短くする。短くあるべきです。

  • ユーザーが覚えられる
  • 語呂を良くする

割とよく見かけるのですが、上述しましたように

  • ●●ログ
  • ●●部

というサイト名はアリだと思っています。非常にアリ。むしろそうすべき。

でもこのようなサイト名にしてしまうと、キーワードが盛り込まれないんですよね。

たとえば、私の名前を取って、

アフログ

なんてサイト名にしてみましょう。

「…これはいったいなんのブログなんだ?」

っていう疑問、湧きますよね。意味不明なサイト名です。

  • サイト名は短く、4文字程度の愛着あるサイト名にする。
  • でも狙ったキーワードはしっかりサイト名に入れ込む。

この矛盾をどうやって解決すれば良いのか?

SEO的に大切なのでキーワードを詰め込む

その答えは、サブタイトルです。サンプルを書くとすれば、

ポイント
アフィリエイト初心者のためのノウハウブログ | アフログ

みたいな感じですね。このようにすれば、

  • アフログ
  • アフィリエイト 初心者

どちらのキーワードもターゲットにできます。アフログはオリジナルのキーワードというか、再訪問を狙ったキーワードですね。

一応、キーワードは左にあるほうが重要と言われていますので、「アフィリエイト 初心者」のほうを左に持っていきます。

実は「アフログ」のほうがサブタイトルです。

ですが、サイトのバナー・ロゴは「アフログ」としておきます。

要は、

  • Googleには狙ったキーワードを伝える
  • ユーザーにはサイト名を伝える

というわけです。

ちなみにこの方法は、WordPressテーマ「AFFINGER」を開発している「enji」さんのお話を参考にしています。

AFFINGERがSTINGERと呼ばれていたほど昔の話ですが、WordPressで設定されるサイト名をあえてサブタイトルに設定していたんですよ。

なぜなら、サイト名を「アフログ」みたいに、キーワードを盛り込まない人が多かったからです。

で、サブタイトルのほうをサイト名に設定していたんですね。サブタイトルのほうにはみんなキーワードを入れるので。

という意味で、AFFINGERは本当にSEOについて理解し、ユーザーの行動まで読み取って開発された良いWordPressテーマの1つと私は思っています。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. サイト名は覚えやすいものにする
  2. 短く、4文字程度の愛嬌ある略称で。
  3. しかし、内部的にはしっかりキーワードを盛り込んでおく。
  4. Googleにキーワードを伝え、ユーザーにサイト名を伝える。

みんな●●ログ、●●部なんて名前にしてるからマネしよう!

とか言って、ストレートにマネをするとSEO的に不利なサイトに仕上がってしまいます。

当ブログではSEOなんて初心者を釣るためのエサだと言う表現を多く使っていますが、最低限のSEO知識は持っていること前提です。

Googleのアルゴリズムがすごいからといって、過信しすぎないように。狙ったキーワードをしっかり伝えておいて損はないです。

SHARE