アフィリエイトで「稼いでる風」をかもしだす本当は稼げてない人の話

「アフィリエイトを稼げるようになるためには、稼いでる人から学ぶこと。メンターが必要です。」

などという言葉でアフィリエイト塾やコンサルの勧誘をする人は多いです。

たしかに、アフィリエイトは実際に稼いでいる人から教わるのが一番です。ですが、本当に稼いでいるアフィリエイターを見つけるのは困難です。

私も実際に稼いでいる風のアフィリエイターの塾に入ったのですが、結果的に50万円ほどを失い、数百円の報酬をゲットしました。

本当に稼いでるように見えても、いくらでも偽装はできるので本物を見抜くことは難しいのです。

「稼いでる風のアフィリエイター」を演じている人は多いと思うのですが、以前その典型を見かけてちょっと笑ってしまったのでここに書いてみます。

50歳おっさんのアフィリエイター

今回紹介する「稼いでる風のアフィリエイター」を演じるのは、自称「50歳おっさんのアフィリエイター」さんです。

問題になるのでサイトなどは紹介しませんが、なんかもういろいろ突っ込みどころが満載でした。

記事数は100記事くらいあるし、サテライトサイトには見えない。おそらく本人は真面目に作りこんでいるんだと思います。

文章が汚い、バランスが悪い

まず文章が汚い。

アフィリエイトは稼げます。

オワコンではありません。

月100万円稼いでます。

メルマガ登録は無料です。

メルマガ登録者からうれしい報告をたくさんいただいてます。

 

みたいな。文章が常に一文一義で終わってます。

このブログでは簡単に文章の書き方について書いていますが、文章はバランスが大切と考えています。

確かに文章は一文一義が基本です。しかし、場合によっては一文二義なんかも登場させてあげると、リズム感が出てきます。

下記の記事を参考にしてみてください。

アフィリエイトで一文一義にこだわり続けていると、余白が目立ってくるんですよね。

余白が目立つページって不思議と内容も薄い印象が埋め込まれます。

まぁ50歳おっさんのサイトは本当に内容が薄いのですけどね。

メルマガ登録の誘導や商材の売り込みしかしない

あまりにも出来が悪いのでついつい読み込んでしまいました。

むしろこれが作戦なのでしょうか?あえて汚いサイト作って注意を引く作戦

記事の内容もくだらないことしか書いていなくて、すぐにメルマガ登録を誘導してくるんです。

もうこんな拙い文章、薄い内容でどうやってアフィリエイトで稼いでいるのかと。

どうしても知りたくなってしまったので、思わずメルマガ登録ボタンをクリックしてしまいました。

間違っていてメルマガ登録できない

ところがですね、メルマガ登録ボタンをクリックしても、メルマガ登録できないんですよ。

リンクが間違ってました。

「…おいおい、これどうやってメルマガ登録するんだ?メルマガ読者たくさんいるんじゃないのかよ?」

と突っ込みたい気持ちしか湧いてこないです。

むしろここまで来たらメルマガ読みたくて仕方がないです。

問い合わせてみたら返事が来ない

どうしてもメルマガが読みたくて問い合わせページから連絡してみました。

結果は返信なしです。

おそらくですが、設定を間違えていたのでしょう。

メルマガ登録フォームへのリンクすらまともに貼れないような人なので、問い合わせフォームも作れないと考えて不思議はないです。

「アフィリエイトで稼いでる風」で稼ぐノウハウ

以上のことよりわかることは、「アフィリエイトで稼いでる風」を出して稼ぐアフィリエイト手法というものがあるのでしょう。

メルマガ登録フォームすら作れない人がアフィリエイトで稼いでいるなんて考えにくいです。

サイトの出来からして、パソコンすら満足に扱えない50歳おっさんという印象を受けました。

「アフィリエイトで稼ぐには、アフィリエイトで稼いでます、とウソをついて、ノウハウを販売して稼ぐんです。」

みたいなことを言うノウハウがどこかにあるのでしょう。そうでもなければこの記事で紹介したようなサイトなんて出来上がらないと思うんです。

つまり何が言いたいかというと、アフィリエイトで本当に稼いでいる人を見つけるのは本当に難しい、ということです。

それと同時に言えるのが、

  • アフィリエイトで本当に稼いでいるかどうかはわからない
  • 本当に稼げるノウハウなのかはわからない
  • ノウハウにお金を出すことは不毛

ということです。

まぁ高額アフィリエイトノウハウを実践して失敗した話は私のブログを参考にしてみてください。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  • 「稼いでる風アフィリエイター」を演じて稼ぐアフィリエイトノウハウがある模様
  • ゆえに、本当に稼いでるアフィリエイターをネット上で探すのは困難

当たり前のことですが、ウソをついてお金を稼ぐといのはおすすめできません。

私もウソはつかないをモットーにサイト作成をしています。ウソをつくと、必ずどこかにほころびが生まれるんですよね。

商品購入を考える本気のユーザーはそういった小さなほころびを必ず見つけます。そして信頼を失いサイトから立ち去っていく。

  1. 月100万円を稼いでます!というウソつきアフィリエイターのサイト
  2. 月5万稼いでます!という本物アフィリエイターのサイト

どっちが参考になるかは言うまでもないですよね。金額とかインパクトよりも、正直に真実を書いたほうがお金になると私は思っています。

SHARE