これが現実…!10年以上アフィリエイト継続した成果からわかったこと

「アフィリエイトで月100万とかいう話はよく聞くが、本当にそんなこと可能なのか?現実が知りたい…」

そう考えたことはありませんか?アフィリエイトに興味を持った人なら一度くらいはそのような考え、現実はそんなことないだろう、甘くはないと疑ったことがあるのではないでしょうか。

私は2000年代前半からアフィリエイトに取り組んでいて、10年以上の経験があります。

アフィリエイトの現実、そして闇の部分もそれなりに体験してきました。今回はそんな私の体験談を通して、アフィリエイトの現実について書いてみます。

月100万簡単に行くと思ったができなかった

アフィリエイトについていろいろ調べていると、

「アフィリエイトで月100万稼いでいます。すべてはこの「秘密のノウハウ」のおかげです。」

みたいな人、見かけますよね。

「…本当かよ」

と疑ってしまいます。で、実際に私はそういった情報商材やアフィリエイト塾に入ったことがあります。

しかし、結果は惨敗。100万円くらい失いましたが、月100万円なんて稼げませんでした。100万円を回収するどころか数百円しか回収できませんでしたね。

がんばって1サイト月10万くらい

一応、アフィリエイトで私は稼いでいます。生活の柱の1つになっているぐらいには稼いでます。

今までにたくさんサイトを作ってきましたが、

1サイト10万円程度

これが現実です。ただし、10万稼ぐサイトを複数作るのが私のアフィリエイト手法です。

なぜ1サイトあたり10万なのか?理由は、稼ごうと思って稼げないからです。

1サイトで100万円を稼ごうとすると、

  • 検索ボリュームが多いところを狙わなければならない
  • 当然ライバルが多い、ライバルが強い
  • 勝てない。100万どころか数千円がいいとこ。

たしかに勝てれば100万円稼げると思います。いや、間違いなく稼げるはずです。

でも勝てないんですよ。ライバルが何千、何万いる中で、あなたは1番になれる自信ありますか?

「アフィリエイトで月100万稼いでます」

とか言う人は、

  • 何百、何千のライバルがいるバトルロイヤルでの優勝者
  • 月100万稼いでいるとウソをついて稼げないノウハウを売りつけて稼ぐ詐欺師

このどちらかでしょう。

なので私は、

  • ライバルが少ない戦場を選ぶ
  • 当然、検索ボリュームが小さく、アクセスは少ない
  • アクセスが少ないから大きくは稼げない

私の考え方を就職活動で例えてみます。

名前のある大企業に入って安定した生活がしたいとします。そのためには有名な大学を出てたくさんのライバルと戦い勝たなければなりませんよね。

ですが、安定した生活がほしいだけなら、マイナーなインフラ関連の会社に就職でも良いではないですか。

海外にシェアを奪われている日本の有名家電メーカーより、世界を相手に通信関係の仕事してる企業のほうが安心でしょう。

不労所得どころかめちゃめちゃ労働してる

アフィリエイトは不労所得であるとしばしば言われます。

たしかに私の体験としても、不労所得であると感じることはあります。

ですが、アフィリエイトは基本的には労働型の収入です。

  • 一度作ってそれっきりで永久に稼ぎ続けたことはない
  • 一切手を入れないと、ほぼ必ずといっていいほど収入が下がる

それでも、

「アフィリエイトは不労所得です!」

とか言っている人は、

  • まだ収益減を体験したことがない、キャリアが浅い
  • アフィリエイトは不労所得と主張してノウハウを売りつける詐欺師

このどちらかでしょう。アフィリエイトは不労所得とか資産とか言い切る人はあまり信用しないほうが良いです。

アフィリエイトは言い換えるなら、

ポイント
「労働力の先払い」

最初に100の作業をこなしておいて、5年といった年月をかけて報酬を回収するような労働スタイル。

問題は、100の作業をこなしても1円にもならない可能性がある、ということ。そう、私がアフィリエイト塾や情報商材に100万円、何年という時間を費やして数百円しか回収できなかったように。

情報商材は稼げない、アフィリエイト塾は詐欺だった

アフィリエイトの現実、真の闇です。

アフィリエイトは儲かるという話はよく聞くと思います。

儲かると言っている人はだいたい商材を売りつけることに必死です。

で、私は実際にアフィリエイトの情報商材やアフィリエイト塾を体験してみました。

情報商材についてはたしかに優良なものもあります。このブログではルレアは良いと判断しています。

実際に、ルレアが発売されたあたりからアフィリエイトがビジネスとして認識され、稼げる人が増えたように感じます。

ですが、優良情報商材とされるルレアでさえ、中身が抽象的で、具体的な作業に移って稼ぐサイトを作るのは難しいように思います。

現実問題、私はルレアを読んで、

「…うん、これはとても良い情報商材だ!参考になった!…で、何から作業すればいいんだ?」

となってしまいました。つまり、情報は参考になっただけで稼げるサイトは一個も作れていないんです。

「やはりアフィリエイトで稼ぐためには手取り足取り教えてもらう必要があるな!」

と思ってアフィリエイト塾やってみました。結果は詐欺でした。

詳細については別記事を詳しく書いていますが、その塾では塾生のほとんどが稼げていなかったし、稼げないでいるとさらに高額のアフィリエイト塾を勧められます。

で、断った後に難癖つけて規約違反ということにされ、強制退塾です。

訴えようにも、訴えられても勝てるようにアフィリエイト塾は設計されていますし、泣き寝入りしたほうが得になるような金額設定になっていました。

残念ながら、これがアフィリエイトの現実なんです。

私は実際にアフィリエイトを生活の柱として稼いでいますが、このような偽情報・詐欺みたいなものは多いのです。

アフィリエイトで稼ぐには、

  • 信念を持ってして正攻法でサイトを作成する
  • ユーザーの役に立つサイトを作れば、結果はあとからついてくる

要はノウハウとかに依存するな、浮気するな、正攻法が一番の近道ってことです。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. アフィリエイトの現実、月100万を稼ぐのはほんの一部
  2. 現実は1サイト10万とか、個人なら小さい稼ぎがせいいっぱい
  3. しかし、月10万のサイトでも10個作れば月100万は目指せる
  4. 稼げる情報商材、アフィリエイト塾などは詐欺の可能性あり
  5. とどのつまり、アフィリエイトはノウハウを探すより、ユーザーの役に立つコンテンツを作れば自ずと稼げる

本当は知りたくもないアフィリエイトの厳しい現実を書いてみました。

「うそだ!アフィリエイトは本当は楽して稼げる!ライバル増やしたくないからいじわるでウソついてるんだ!」

そう思う人もいるかもしれません。ですが、この記事に書いたことがアフィリエイトの現実…真実。

まぁ一度は情報商材とかアフィリエイト塾やってみるのも悪くないと思います。実際に体験すると、アフィリエイトの現実がはっきり見えてきます。

アフィリエイトは大きく稼ぐのはむずかしい、一握りですが、小さく稼ぐなら個人でも十分可能です。小さい稼ぎを積み重ねる、そんなやり方のほうが現実的だというのが私の実体験でわかったことです。