アフィリエイトは飽和していて儲からない?始めるのはもう遅い?

アフィリエイトというやつは昔からずーっと同じことが言われています。

  • アフィリエイトは飽和している
  • ライバルが多すぎる
  • 今から始めるのはもう遅い

こんなことを聞くと、

アフィリエイトは儲かる儲かる言うけど、本当は儲からないのでは?やっぱやめとこうかな…

そんな気持ちになってしまいます。誰だって一生懸命がんばって1円にもならないようなことはしたくないですよね。

でも、本当にアフィリエイトは飽和状態なのでしょうか?

2000年代前半からアフィリエイトに取り組んでいる私の実体験と考察を書いてみます。

アフィリエイトは飽和しているのか?

最初に結論から書いていきます。アフィリエイトは飽和しているとか言われることがありますが、飽和しきっているわけではないです。

飽和しきっているわけではない

そもそも飽和しているとは言いますが、飽和するとはどういうことなのでしょうか?

飽和状態というのは、需要に対して供給が上回ること。みんなが赤字になってしまうような状態です。

私自身、アフィリエイトで稼いでいますし、取り組んでいるジャンルでは何年も安定して稼ぎ続けているサイトもあります。

このライバルに自分の稼ぎを侵害されていない事実より、アフィリエイトはまだ飽和状態にはないっていないと実感しています。

アフィリエイトの市場が拡大し、扱える商材が増えている

じゃあ、いずれアフィリエイトは本当に飽和する時が来る?

というと、これもまた「ノー」であると私は考えます。

理由は、アフィリエイト市場が拡大しているからです。

これは2000年代前半からアフィリエイトに取り組んできた私だからこそ言えることです。

当時のアフィリエイトは本当にお小遣い稼ぎでしかなかったです。

  1. 扱える商材が少ない
  2. 報酬が小さい
  3. みんなお小遣い稼ぎの認識

当時のインターネットは混沌としていて、そこらの掲示板にアフィリエイトリンクが無造作に貼られていたりしていたのを覚えています。

アフィリエイトでお小遣い稼ぎ!

というと、多くの人が「おすすめしない」という回答でした。おすすめするのは勧誘することでお金がもらえる人だけ。

アフィリエイトがビジネスという認識がなかったために、市場規模の拡大、発展も遅かったです。ですが、私の記憶では情報商材のルレアが発売されたあたりから大きく状況が変わったように思います。

アフィリエイトがビジネスとして成り立つことがわかったからなのでしょうか、アフィリエイトが一気に発展したように思います。ASPもどんどん増えていき、扱える商材、商材のジャンルも拡大、昔と比べるとかなり稼ぎやすくなりました。

アフィリエイトを辞める人もたくさんいる

アフィリエイトが飽和すると言われているのと反対に、アフィリエイトを辞める人もたくさんいます。

私も長いことアフィリエイトをやってきていますが、多くの出会いと別れがありました。

その中にはやっぱりアフィリエイトを辞めてしまうという人もいるのですが、

  • アフィリエイトで稼げない
  • アフィリエイトで稼げたけど、稼げなくなった

そんな理由でアフィリエイトを辞めてしまいます。着目すべきは「稼げていたけど稼げなくなった人」がいるということ。

アフィリエイトは稼ぎやすくなったとはいえ、トータルで見れば稼ぎにくいです。何が当たるかわからない世界なので。

で、稼いでいる人の何割かは、

  • 偶然稼げた
  • ラッキーで稼げた

という人も多いです。本当に実力で稼げている人は少ないのではないでしょうか。

現在アフィリエイトに参入している人の何割かは、いずれ消えるべくして消える人が含まれています。

ゆえに、アフィリエイト参入者は多いけど本当の意味で稼げている人の数だけカウントすれば、飽和してるとは思えないです。

アフィリエイトはライバルが多いのは事実

それでもやっぱりアフィリエイトはライバルが多いと感じるのは事実です。

ネット上で情報が出回りすぎている

なぜライバルが多いのかというと、ネット上で多くの情報が出回っているからという理由があります。

これは有料の情報商材ではなく、無料の情報です。有料情報には本当に価値ある情報は少ないです。

無料で質の良い情報が入るので、おのずとライバルは多くなります。

PCの扱いが不慣れな専業主婦ですら参入

私は今でもたくさんのアフィリエイトブログを読んでますが、専業主婦でアフィリエイトに取り組むという人も多く見かけます。

この専業主婦さん、本当にアフィリエイトで稼いでそうだなぁ

という人もよく見かけます。

大変失礼で差別的な書き方をしてしまいますが…女性は男性と比較するとPCの扱いに不慣れな傾向があります。

ポイント
PCの扱いに不慣れなのに、稼いでいる人がたくさんいる。

またまた失礼な書き方します。いわゆるITリテラシーが低い層でもアフィリエイトで稼いでいるということは、アフィリエイト業界はそれなりの数のライバルがいるということが想像できるでしょう。

アフィリエイトは今から始めても儲からない?

では、アフィリエイトは今から始めても儲からないのでしょうか?結論から書くと、そんなことはないです。実際に私は稼いでますし。

稼ぎにくいが、稼げる

アフィリエイトははっきり言って稼ぎにくいです。軽く上述しましたが、何が当たるかわからない世界。はじめは手探りでとにかく進めていくしかないです。

もしあなたがすぐにお金が欲しいなら、お客さんにへこへこしながらレジ打ちをするスーパーかコンビニのバイトを始めてください。

アフィリエイトは稼げないとか稼ぎにくい理由は、決してアフィリエイトが飽和してるとかライバルが多すぎるからではないです。

稼げない理由をアフィリエイトのせい、飽和しているせいなど、責任転嫁させている人は多いです。

ポイント
稼げるか稼げないか、すべては作成するサイトしだいである。

稼げない理由はアフィリエイトのせいにするとか、原因を外に作らないでください。それやると稼げない人になります。

稼げない人はアフィリエイトだけではなく、他のビジネスにおいても稼げない人です。

稼ぐためには本質を捉えることが大事

つまりアフィリエイトは、稼ぐサイトさえ作れば稼げるわけです。では稼げるサイトとはどういったものなのか?

一言で言えば、

ポイント
本質を捉えたサイト

です。

アフィリエイトはお金を稼ぎたいという気持ちが先行してしまい、ついつい「売り込みがちのサイト」ができあがってしまいます。

そういったサイトはユーザーの気持ちを置き去りにしていて、なんの価値もないサイトだったりします。

  • アフィリエイトはキーワードで稼ぐ
  • アフィリエイトは上位表示して稼ぐ

などなど言われますが、私はそんなことよりも、

  • ユーザーに価値を提供する
  • ユーザーの背景事情を知る
  • ユーザーの悩みを解決する

ということを優先します。

  • あなたが作るサイトは誰のためにあるのですか?
  • あなたが稼ぐためですか?
  • ユーザーの悩みを解決するためですか?

あなたが持っているお金。それは何をしたからもらえたものですか?何時間か働いたからもらえたのですか?誰かの役に立ったからもらえたのですか?

よく考えてみてください。とても大切なことです。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  • アフィリエイトは飽和しきっているとはまだ言えない。
  • アフィリエイトの市場規模は拡大しているし、撤退するアフィリエイターもいる
  • 上質な情報もネット上に多く、ライバルが多いのは事実
  • だからといって稼げないわけではない
  • 稼げない理由はあくまでも作るサイトの問題である。アフィリエイトのせいにしてはいけない。

アフィリエイトは飽和している、稼げない、などと言う人は、結局のところ、これからアフィリエイトを始めるにしても稼げないならやりたくない、失敗したくない、という気持ちがあるのではないかと思います。

私としましては、

悩むぐらいならまずやってみよう

と思います。

やる前から失敗するかどうか悩むより、やってみて失敗したという事実を確認したほうが良いです。やってみなきゃわからないこと、たくさんありますよ。

私もアフィリエイトで50万円ほど詐欺被害にあってますし。情報商材は合計100万円ぐらい突っ込んでますし。それでもアフィリエイト続けてます。結局、その分はペイできるほど稼げているからなんです。