アフィリエイトで使うレンタルサーバーの選び方、実際に使ってきたとこ3つ

アフィリエイトをやるためにはサーバーのレンタル契約が必要です。サーバーとは簡単に言うなら「webサイト置き場」です。ネット上の土地みたいなもの。

サーバを土地に例えるなら、サーバの性能が「立地」になります。駅チカなどの利便性につながるイメージ。

では、いったいどのような基準でサーバを選べばいいのか?アフィリエイトにピッタリなサーバはどれなのか?

今回は私が今までに使ってきたサーバの経験を交えてまとめていきます。

アフィリエイトで使うサーバーの選び方

私がアフィリエイトで使うサーバの選び方、基準、ポイントについては下記のものです。

速度

何よりもサーバは速度が命です。Google様は表示速度の早いwebサイトを評価しています。

なぜなら、表示速度が早いwebサイト、レスポンスが良いサイトは使う側のユーザーから見てもストレス溜まりませんからね。

では速度はいったいどのような要因で決まるのか?

  • サーバの性能
  • 利用者数

多くの人がサーバの性能には着目するのですが、利用者数まで目が行かない人が多いです。

私たち個人アフィリエイターが使うサーバは金額面からしてほとんどが「共用サーバ」です。

共用サーバとは1つのサーバに複数人が同居するアパートとかマンションのイメージ出入り口は1つだから大勢の人が出入りすると混雑しますよね。

共用サーバの反対が「専用サーバ」一戸建てのイメージです。自分の家に訪問するのは自分の客だけなので混雑が緩和されます。

なので、利用者が少ないほうがサーバの応答速度が速いということもありえます。ですが、これは運なのである程度はあきらめるしかないです。

金額

アフィリエイトで使うレンタルサーバの金額の相場はだいたい月額1,000~1,500円程度です。

格安のものだと500円程度のものがありますが、おすすめはしません。理由は後述しますが、最終的に逆に高く付くことがあります。

可用性

サーバの招待は平たく言えばパソコンです。パソコンが24時間365日稼働しています。

物理的に考えて、パソコンが永久に故障もせず動作するなんてこと、ありえませんよね?

というわけで、サーバを運営する会社は2重、3重でサーバを稼働させてるんです。

レンタルサーバのページに行くと、稼働率●●%なんて表示もありますので、参考にしてみてください。

扱いやすさ

アフィリエイトに初めて取り組んでみるという方にとってサーバというのは難解なものです。

  • ドメイン
  • SSL
  • DNS
  • etc…

専門用語が飛び交います。なので、そのレンタルサーバのサービスが使いやすいかどうかも見るべきポイント。

これは実際に使ってみないとわからないところがあります。なので、後述する私が使ってきたサーバの体験談を参考にしてみてください。

アフィリエイトで使うサーバーはどれがいい?

というわけで、私が今まで実際に使ってきたレンタルサーバについてです。

ConoHaWING

私が現在メインで使っているのはConoHaWINGです。

ConoHaWINGはGMOインターネットが運営するレンタルサーバになります。

私はGMOインターネットの株主で株主優待が使えてコスパが良いから使っているという理由もあります。

ですが、ここ最近急成長を実感しており、多くのアフィリエイターがConoHaWINGを使っているように感じます。

アフィリエイターが使っているなんて、どうせアフィリエイトしたいからなんでしょ。

と思っていたのですが、使ってみるとエックスサーバほどの軽快さを感じ、エックスサーバ以上の使いやすさなんです。

エックスサーバとほぼ同程度の性能なら、扱いやすさの面からしてConoHaWINGだな、と思い選びました。

エックスサーバー

エックスサーバも昔からアフィリエイターに愛されているレンタルサーバです。

今でも使っている人は多いはず。というのも、webサイトの引っ越しって面倒なので最初に使ってそのままという人が多いのでしょう。

ConoHaWINGと比較すると「可もなく不可もなく」という評価に落ちてしまったイメージがあります。

ロリポップ

使ってみて一番後悔したのがロリポップです。

多くの人がロリポップは遅いという評価なのですが…。

実はそんなことはないです。ロリポップだってそんな遅くないんですよ。私はソフトウェア開発の仕事をしていますが、ネットワーク関係の知識が一番豊富です。

で、ネットワークの知識を持ってしてちょっとコアな速度計測をしてみたんです。その結果、ロリポップは遅くないことがわかりました。

みんな調べてないけど、他人が遅いと言っていたから遅いんだ、と思っているのでしょうね。情報を鵜呑みにしすぎです。

ロリポップの何が問題かというと、

  • 扱いにくい
  • バックアップが有料(月額500円)

ロリポップって2000年代前半から存在する、レンタルサーバの老舗みたいなやつです。

そのせいでしょうか、ロリポップのwebサイトのデザインが悪すぎて扱いにくいんですよね。

さらに、ロリポップはバックアップが有料なんです。ConoHaWINGやエックスサーバは無料なのに。

バックアップオプションを追加すると、結局ConoHaWINGやエックスサーバと同じ金額になってしまう。

それならConoHaWINGやエックスサーバ使いますよね。

レンタルサーバの速度について言いたいこと

みんなwebサイトを高速表示させたいがために、レンタルサーバの速度を決め手にしているように思います。

ですが、もしwebサイトに速度を求めるならWordPressは使わないことです。

WordPressはプログラムで動くwebサイト、動的CMSと呼ばれています。一方、シリウスやホームページビルダーはプログラムを使わないwebサイト、静的CMSと呼ばれています。

上述しましたように、Google様はwebサイトの表示速度を評価基準の1つにしています。

ゆえに、WordPressを使っていてはいつまで経っても上位表示することができない…最悪の場合はそういう事も考えられます。

リスクヘッジのためにも、シリウスのような静的CMSを使ってwebサイトを作ることも考えておいたほうが良いです。

ちなみに、シリウスならロリポップでも高速表示可能です。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  • アフィリエイト向けのレンタルサーバはConoHaWING、エックスサーバがおすすめ
  • ロリポップは安いが、バックアッププランなどを考慮すると結局高く付き
  • 後から引っ越しさせようとすると、時間やお金が余計にかかる
  • レンタルサーバ選びは失敗しないよう慎重に。

アフィリエイト完全初心者だと、月額1,000円の経費ですら高いと感じるんですよね。その気持、よくわかります。

私はアフィリエイトを2000年代前半から取り組んでいますが、最初はYahooジオシティーとか無料のHPレンタルスペースを使っていました。懐かしい…。

で、何年かかけて1ヶ月500円以上稼げるようになったんです。そしてようやくレンタルサーバ、ロリポップ使うようになりました。

でもですね…最初から月額1,000円ぐらい出して本気でアフィリエイトやっていれば、もっと早く結果出せてたと思います。

リスクを取るのがイヤで何年も費やしましたが、この時間のほうが損失大きかったと後悔しています。

投資することができないと稼げないとアフィリエイトの世界ではよく言われますが、その通りだと思います。

リスクを避けようとすると余計に損失が大きいということもあるってのを覚えておいてください。