アフィリエイトは稼げるジャンルより得意・特技で選ぶべき3つの理由

アフィリエイトは稼げるジャンルを選んでください。

というアフィリエイターは多いです。ですが、私は稼げるジャンルよりも得意とするジャンル、特技であるジャンルを選ぶことを推奨します。

なぜ得意なこと、特技を選ぶべきか、その理由について説明していきます。

アフィリエイトは得意・特技をジャンルに選ぶ

あなたにもきっとあるはず。得意なことや特技が…。

1 得意・特技じゃないと続かない

断言しますが、アフィリエイトはかなり苦痛な作業です。

  • なかなか成果が出ない。
  • でも作業量は多い。
  • 100時間がんばって1円にもならないこともある

こんな状況の中、

いつかきっと月収100万円になるんだ!

という気持ちで1年、2年と続けることはできますか?まぁ私はできますけど。そんなこんなでもう10年以上経過しました。

今までにアフィリエイトを撤退してきた人を何人も見てきました。むしろ数ヶ月程度で撤退した人なんて幸運なほうです。

口は悪いのですが、40代後半の独身おじさんが一生懸命婚活ジャンルのサイトを作っていたのですが、成果ゼロで撤退したそうな。

サイト見たことがあるのですが…まぁ売れないだろうなっていう構成です。

続かない、稼げないぐらいなら、まだ趣味として記事を書いたほうがマシです。継続することは最重要項目。

2 半端な知識では稼げない

コンテンツ重視の時代(というか、本当は昔から今までずっとコンテンツ重視なのですが)、中途半端な知識では稼げないです。

  • 文字数が多いだけで内容が薄い生地
  • 知識を持ったユーザーが訪問することもある
  • 中途半端な知識はアフィカスサイトと見抜かれる

単純にキーワードに対して回答をするだけでは稼げないです。ユーザーに学びを与えるレベルのクオリティでなければ稼ぐのはむずかしいでしょう。

半端な知識でしか記事を作れないようなら、稼げるジャンルより得意なこと、特技で記事を書くべきです。むしろ好きなことでも構わないです。

3 ASPが扱うアフィリエイト商材だけでは消耗戦になる

私が10年以上アフィリエイトをやってきて感じたこと、本当の話をしたいと思います。

アフィリエイターは広告主・ASPにとって都合の良い労働者

アフィリエイトで月収100万。あなたもなれます。

みたいなことを言う人いますが、私の実体験を踏まえるとかなりむずかしいです。

むしろやればやるほど気付かされる、アフィリエイターは広告主・ASPにとって都合の良い労働者でしかないと。

  • 成果出てない人には賃金を支払わなくて良い
  • 「働かせ放題」
  • 商品がある程度露出できたら広告主撤退

私も今までに何度も痛い目にあってきましたが、広告主撤退は本当につらいです…。収入が半減したサイトなんてのもいくつもあります。

あなたはいつまで広告主・ASPのために働きますか?

自分のコンテンツは自分のために使うべき

自分で作ったコンテンツは自分のためにも使っていくべきです。どういう意味か?

ポイント
オリジナルの自社コンテンツも販売する

…自分には取り柄なんてないし、そんなことできないよぉ…。

と思う人、たくさんいるでしょう。厳しいこと言わせてもらいます。

そんなぬるい考えしてるから稼げないんだよ!!

死ぬ気で考えてください。たとえばですが、ココナラというスキル販売のサイトを覗いてみてください。みんな工夫していろんなスキル販売をしています。

エンジニアであればソフトウェア開発で稼げる、これはわかりやすいですよね。ですが、自分の経験を活かして誰かの相談に乗るとか、何かを調査した結果をまとめて情報商材として販売するとか、そんなのでも良いんです。個人事業は自由なんです。

自社製品は広告主撤退もないし、中間マージンも取られない、まるっと自分のお金になります。

ちなみに私は月額1,000~2,000円のソフトウェアをサブスクリプション型で販売しています。

こんな自作のソフトウェア…買う人なんているのかなぁ…デザインも良くないし…恥ずかしいなぁ…

なんて思ってました。でも売上は徐々に伸びていってユーザー様から感謝の言葉も多くいただきます。振り返ってみるとやってよかった、としか思えていないです。

当時のモヤモヤ、モジモジを超えて本当に良かったです。

アフィリエイトは月額5,000円の商品売って報酬が1,000円とか。マージン取られすぎとも言えます。

得意なこと、特技を洗い出してみる

まずは得意なことや特技を探します。ひたすら書き出してみましょう。

メモ帳やエクセルに書き出してみる

よくこういったことは、

ペンを持ってノートに書いてください。パソコンではダメです。

という人がいます。ペンを使ったほうが考えがまとまるとか言うのですが、人それぞれではないでしょうか。

私としましてはパソコンのメモ帳やエクセルに書き出したほうが編集も楽ですし、見返しやすいと感じています。

ノートに書くと閉じっぱなし、しまいっぱなしで封印しちゃうんですよね。

アフィリエイトと得意・特技が重なる部分がある

これからの時代、というか本当は今までもずっとそうだったと思うのですが、アフィリエイトはアフィリエイトだけで稼ぐのはもったいないと思います。

私は「アフィリエイト + 自分の得意・特技による自社製品販売」で稼ぎます。

アフィリエイトのジャンルと自分の得意・特技のジャンル、重なる部分がきっとあるはずです。当然、このブログも自分の得意・特技をベースに作成しています。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  • アフィリエイトは稼げるジャンルより得意・特技のジャンル
  • 半端な知識で作られたサイトはユーザーに見抜かれる
  • アフィリエイトはアフィリエイトだけで稼ぐのはもったいない
  • 自分の得意・特技から自社製品を考え、ついでに販売してみる

アフィリエイトで稼ごうとする人はアフィリエイトという枠から抜け出せない人も多いように思います。

稼ぎたいと考えているのにアフィリエイトしかしないの…?枠の外に出ればもっと多く稼げるのに…

と思うのです。ちなみに、私の知人アフィリエイターでも同じやり方をしている人がいます。アフィリエイトしつつ自身のサービスを販売しています。

詳細を書くと怒られそうなのでざっくり書くと、「お仕事(接客)に関するお悩み相談サービス」です。

その方は病気で本職を退職せざるを得なくて、自身の特技をひねり出した結果作り上げたサービスだそうです。

1回3時間で3万円という料金設定で月10万円程度の収入になっているとのことです。

本当に稼ぐ人というのは、人のアドバイスやノウハウに頼ったりせず、追い込まれた状況の中でブレイクスルーする人なのかもしれませんね。