アフィリエイト記事を超高速・超効率で作成していく4つの手順、方法

アフィリエイトは作業効率命です。

これは私の経験を通して言えることです。

  1. 成約に近いキーワードを狙う
  2. 売れる文章を書く
  3. キーワード選定、ライバル調査

アフィリエイトに必要な要素はたくさんありますが、なんといっても記事を書かなければ100%稼げません。

記事を書くといっても1記事2記事の話ではありません。長くアフィリエイトを続けていくなら1,000、2,000…それ以上の記事を作成する必要があります。

たくさんの記事を書くにはどうすればいいのか?それは作業スピードを上げる以外にないです。

超高速で記事を作成する方法

あなたは1記事を作成するのにどれだけの時間をかけているでしょうか?1ヶ月に何記事書きますか?

ちなみに私のMAXスピードは、

  • 1日あたり4記事
  • 1記事あたり30分
  • 1記事あたり3,000文字

この作業スピードでアフィリエイトがんばってます。大丈夫、あなたにもできます。

基本的な考え方は分業

あなたは記事を書く時、どのようにして記事を作成しているでしょうか?

…え?そんなのWordPressを開いて新規記事追加ボタン押して記事を書くに決まってるじゃん…。

おそらくそんなところでしょう。でもそれだと遅いんです。その理由は下記。

  • WordPressが重たい、遅い
  • 記事を書きながら文字装飾、画像挿入をすると遅い
  • 作業切り替わりがあると思考を切り替えたり無駄な時間が発生する

作業の基本は「1点集中」です。記事を書く!と決めたら文章のみを作成します。装飾は後回しです。

装飾をする!と決めたら装飾のみ行います。画像挿入する!と決めたら…(略

これはすなわち「分業」というやつです。分業は複数人で行うイメージがあるかもしれませんね。つまり「1人分業」です。

作業切り替わりのオーバヘッド(関節的作業)が無駄

作業切り替わりではオーバヘッドが発生します。オーバヘッド聞き慣れないことばかもしれません。IT業界ではよく使われるのですが、「関節的な作業」です。

私はエンジニアとしてソフトウェア開発でも稼いでます。効率の良い処理と悪い処理を紹介しましょう。

  • 処理A、B、Cを100回繰り返す
  • 処理Aを100回繰り返す、処理Bを100回繰り返す、処理Cを100回繰り返す

上記のうち、どちらが効率の良い処理か?正解は後者です。

その理由は、処理A、B、Cを切り替える作業が少ないからです。人間でも同じようなことが言えて、切り替え作業が挟まらないほうが作業効率が良いんですよね。切り替えがあるとやる気も削がれるし。

考える時間を減らすんです。これはメンタリストDaiGoさんの本、超効率勉強法でも似たような話が書かれています。

記事を書くスピードが遅くて稼げない…

と悩んでいる人はぜひ実践してみてほしいです。騙されたと思って。

大切なのは、いかに考える時間を減らすか、ということです。考えている時間は手が止まるので。

タイピングスピードを上げる

ただし、効率の良い仕事の仕方をしていても、アフィリエイトではタイピングスピードが遅いと多くの記事は書けません。

ちなみに、私のタイピングスピードはe-Typingというネット上の学習サイトで上位2%以内の実力です。

タイピングスピードを上げる方法については長くなるので別記事にまとめておきます。

具体的な効率的な記事の作成方法

1 作成する記事のキーワード、タイトルを決めた一覧表を作る

アフィリエイトでサイトを作成するときは、サイトのキーワード、テーマを決めているかと思います。(決めてますよね?決めてないなら決めてください)

サイトだけではなく、そのサイトに詰め込んでいく記事についてもキーワード、タイトルまで決めてしまいます。

間違っても行きあたりばったりで記事を追加しない、ということです。

サイトを作成する前に、

  1. サイトに100記事ほど追加する予定。
  2. 記事を書き始める前に100記事分のキーワード、タイトルを決める。
  3. それらをエクセルなどで管理する。

サイトを作りこむときには、サイト設計はすでに終わっている状態にしておきます。

2 キーワード、タイトルから記事をテキストエディタで作成する

記事を作成するときはテキストファイルで作成します。メモ帳ではなく、テキストエディタを使ってください。

テキストエディタでおすすめなのはサクラエディタです。これはエンジニア御用達の有能なのに無料のWindowsアプリです。

詳しいお話は下記の記事で紹介しています。

  1. あらかじめ予定していたキーワード、タイトル、すべての記事を作成する。
  2. テキストファイルをWordPress、シリウスにコピーして装飾する。
  3. 作成したテキストファイルをWordPress、シリウスにコピペする。
  4. 行間を整え、必要な箇所にふと文字にしたりマーカーで線を引いたりして装飾する。
  5. 記事にアイキャッチなど、画像を挿入する。

画像はぱくたそやPixabayなどからダウンロードしたりしますよね。

こういった作業もダウンロードする時はダウンロードだけに専念したほうが速いです。

これが記事書きながらだとタブを頻繁に切り替えたりして時間がかかってしまいますので。

3 記事に関連記事のリンクを挿し込んでいく

最後の仕上げです。記事に関連記事のリンクを挿し込んでいきます。

私は記事数が多いサイトほど内部リンクは多く入れるようにします。

ただひたすら無意味に追加すればいい、というわけではありません。

このタイミングでこんな記事にリンクがあったら便利だろうなぁ

という基準で関連記事のリンク、内部リンクを追加していきます。

4 記事を公開する

すべての作業が完了したら、ようやく記事公開です。

100記事を計画していたら100記事書き終えた後にサイト公開です。

私は一気に100記事公開ではなく、時間差で公開していくようにはしています。

Google様に更新続けてますよアピールをするため。これが本当に必要かどうかわからないけど。

まとめ

忠実にこのやり方を再現すると、サイトがすべて完成した後に記事公開となるはずです。

…記事は早くwebに公開したほうが良いのでは!?報酬発生が遅れちゃう!!

そんな心配もあるでしょう。ですが私はこのやり方です。なぜなら、私が作るサイトは常に完成があるからです。

この世には完成がないサイトが多いです。

  1. 田舎の旅館が古くなったから新館立て旧館と渡り廊下でつなげたようなガチャついたサイト
  2. 後から後から記事を継ぎ足していく秘伝のタレみたいなサイト

一気に作ってしまったほうが統一感を保てますし、後から記事を追加し続けない作りにすることで、スパっと次のサイト作成に切り替えられます。

どのような方法を選ぶかはあなたしだい。私は高作業効率とサイトの完成にフォーカスして進めています。