アフィリエイトにおけるジャンルの考え方、ターゲットの絞り込み

アフィリエイトはジャンル選びが命です。今までにも何度かアフィリエイトのジャンルについて書いてきました。

ですが、アフィリエイトのジャンルというと、

  • 美容
  • 健康
  • クレジットカード

などなど、大きな枠としてのジャンルが連想されることが多いです。

たしかに稼げるジャンルではあるのですが…じゃあクレジットカードでサイトを作るとしたら、「おすすめクレジットカード」というサイトを作るのでしょうか?

そんな大きな枠でのサイトではアフィリエイト初心者がライバルに勝つのはむずかしいです。

ジャンルを選んだら、さらなる絞り込みが必要です。今回はアフィリエイトジャンルの絞り込みについて書きます。

アフィリエイトジャンル決定後の絞り込み

ネット上でよく言われるアフィリエイトのジャンルというものは、上述したように美容や健康、クレジットカードといった大きな枠のものであることがほとんどです。

ですが、当ブログでの考え方は少しだけ違います。要は、

MEMO
稼げないジャンルを選べば稼げない

かといって、稼げるジャンルを選んでもライバルが多くて稼げない。

なので、稼げるジャンルでユーザーを絞り、本当に稼げるジャンルを作り出す、ということです。

絞り込みもアフィリエイトジャンル選びの1つ

アフィリエイトジャンルの絞り込み、ユーザーの絞り込みもジャンル選びの工程の1つです。

つまり、必須の作業というわけです。

  • アフィリエイトはジャンル選びが大切
  • 稼げるジャンルを選ぶ

ということはよく言われていますが、「絞り込む」ということを書いたアフィリエイト関係のブログは少ないように思います。

MEMO
絞らないと売れない

全く売れないというわけではありませんが、しっかりジャンルやユーザーを絞っていかないと売れないです。

1日あたり数万PVとかあれば売れるのでしょうけど。

ジャンルやユーザーを絞ると検索ボリュームが減る、ターゲットとするユーザーが減るから稼げないのでは…?

という不安もあるでしょう。

たしかに、私のような弱小個人アフィリエイターだと1日がんばっても100~1,000PV程度です。

ですが、私は1日100PV程度でも月10万稼ぐようなサイトを今までに作ってきました。

…それでいいじゃん。許してくださいよ…。

すみません。私には月間100万PVのサイトを作る力がないだけです。1日100PVのサイトで細々稼ぐサイトを複数作るのが精一杯です。

誰に向けて書くのかを明確にする

ジャンルを絞るということは、誰に向けて書くのかを明確にする、ターゲットとするユーザーを明確にするということです。

それにいったいなんのメリットがあるの?

と思われるかもしれません。

たとえばクレジットカードのお話。クレジットカードというジャンルでサイトを作るとした時、ターゲットとするユーザーは誰でしょうか?

考えてみてください。

…考え中。

私の答えとしましては、「わからない」です。クレジットカードだけでは誰をターゲットにしているのか、わかりません。

そもそも、人はなぜクレジットカードが欲しくなるのでしょうか?

またまた考えてみてください。

…考え中。

人がクレジットカードを欲しくなる理由は下記があるはずです。

  • 還元率が高くて節約になりそうだから。
  • 自分がいつも利用しているサービスがお得になるから。

上記の人がターゲットなら、どんなテーマでサイトを作ればいいのか、どんなキーワードで記事を書けばいいのか、なんとなく見えてきますよね。

  • 還元率の高いクレジットカード比較ランキング
  • ガソリンスタンドがお得に使えるクレジットカード比較ランキング

あくまでも簡単な例ですが、こんな感じでジャンル・ユーザーを絞っていくことができます。

別の記事でも書いていますが、人が何かを求める時には必ず背景事情があります。

商品説明をよく読んで1階層登ってみる

ジャンル・ユーザーの絞り方について別のアプローチ方法です。

ユーザーの背景事情を考えるにしても、いまいち読み取れないことがあります。

その原因は、圧倒的な情報・知識不足です。どんな商品があるのかを知らないからユーザーの背景を知ることができていないんです。

そういう場合は取り組みたい大枠でのジャンルの中にある商品を選び、商品LPをよく読み込んでジャンル・ユーザーを絞っていきます。

たとえば、以前めちゃくちゃ売れまくったことがある「フィットライフコーヒー」という商品。(今はもう取り扱いないかも)

この商品は、

  • 血糖値を下げたい
  • 食後においしく対策したい
  • 飲むだけ、楽して対策したい

ということが見えてきます。であれば、

  • 血糖値を下げる飲み物
  • 血糖値を下げるおいしい飲み物
  • 楽して血糖値を下げる

というテーマでサイトを作成することができるのではないでしょうか。ただし、明確に「血糖値が下がる」なんて書いたら薬機法違反になりますので注意。

まとめ

以上のことをまとめると下記になります。

  1. アフィリエイトはジャンル選びが重要というが、さらなる絞り込みがあること前提
  2. ジャンル・ユーザーを絞らないと成果を出しにくい
  3. 誰に向けて作ったサイト・記事なのかを明確にする
  4. アフィリエイトはアクセス数がたくさんあれば稼げるという考えの人は多いと思います。まぁ私もそう思っています。

ですが、私は今までにたくさんのサイトを作ってきましたが、がんばっても月間10万PVぐらいのサイトしか作れませんでした。

しかもアフィリエイト案件は全然成約せず、アドセンスのみの収入です。1ヶ月あたり6万ぐらいでしたかね?

絞り込みを行うとサイトを利用するユーザーの絶対数が減って稼げないと考える人は多いのですが、逆に言えば「見込み客」だけを集客しているので、高い成果を出せるのではないか、と私は考えています。