アフィリエイトの勉強方法、稼げるようになるための6通りの方法

アフィリエイトはどうやって勉強すれば良いのか?そんな悩みを持つ人は多いです。

会社とかなら先輩が教えてくれますが、アフィリエイトは個人事業なので先輩はいません。

ネット上に稼いでるっぽい人は見かけますが、本当に稼げているのかわからない…高額なコンサルとかに誘導されることが多い。

いったいどうやって勉強すればいいのか?何から手を付けていけばいいのか?

というわけで、今回は私が実践してきたアフィリエイトの勉強法について書いていきます。

アフィリエイトの勉強法

1 市販の書籍で勉強する

アフィリエイトを勉強するのに一番最適なのは、市販の書籍で勉強することです。

市販書籍は大きくわけると下記に分かれます。

  1. アフィリエイトに関する書籍
  2. マーケティング(webマーケティング含む)に関する書籍
  3. セールスに関する書籍

よくアフィリエイトについて勉強しようと考え、Amazonやメルカリなどで「アフィリエイト」で検索して書籍を探す人がいます。

ですが、それだけだと不足です。アフィリエイトに関する書籍は、

  • アフィリエイトの始め方
  • サイト・ブログの作り方

という内容ばかりです。アフィリエイトで大切なキーワードの話や売るための記事の書き方などについては触れないことが多いです。アフィリエイトで物を売るためにはセールスに関する知識が必要ですし、どんな商品を誰に売るのかを考えるためにはマーケティングの知識が必要です。

つまり、アフィリエイトをアフィリエイトとして捉えていると勉強にならないです。必死に勉強しても勉強したつもりになっているだけで稼ぎにつながらないというわけです。

アフィリエイトについて市販の書籍で勉強したいのであれば、

  1. マーケティング(webマーケティング含む)
  2. セールス

上記について勉強するのが良いです。(完全初心者は1冊だけアフィリエイト入門の書籍を購入して読んでおきましょう)

2 セミナーで勉強する

一般書籍で勉強することの次におすすめなのはセミナーです。

セミナーは大きく分けると下記があります。

  • ASPが主催するセミナー
  • 広告主が主催するセミナー
  • 個人が主催するセミナー

上記のうち、参加すべきセミナーは、ASP、広告主のセミナーです。

またASPはASPでもインフォトップのセミナーは避けたほうが良いです。

つまり、参加しないほうが良いセミナーは、

  • インフォトップのセミナー
  • 個人が主催するセミナー

なぜ上記がおすすめでないかというと、インフォトップのセミナーはフロントエンド商品で、高額なバックエンド商品が存在するためです。

セミナーでアフィリエイトを教えるというより、アフィリエイト初心者に情報商材などを売ることが目的で開催される傾向にあります。

一方、ASPや広告主のセミナーは、アフィリエイターを育成して売上を上げたいという目的で開催されます。

つまり、ASP・広告主とアフィリエイターがWin-Winの関係になるので、おすすめというわけです。

ASP・広告主のセミナーは無料開催が多いですが、無料だから情報の質が悪いということはなく、むしろ無料だからこそ質が高いと言えます。

無料の情報の中に稼げるアフィリエイトノウハウなんてありません。

とかいう人もいますが、決してそんなことはありません。実際に私も某ASPの抽選で参加できる勉強会で学んだ知識をベースにしてアフィリエイトで稼いでいます。

また、アフィリエイト仲間もできてリアルな体験談など情報交換できるので積極的に参加すべきです。

3 アフィリエイトサイトから盗む

あなたが何か商品が欲しいと思って、商品について調べたり比較するためにGoogleを使って検索したとします。

その中で参考になったページから思わずポチった経験、きっと一度はありますよね。

そういうサイトはブックマークしておきましょう。

アフィリエイトは書籍やセミナー、人から教わるより、実際に稼働しているアフィリエイトサイトから盗むのが一番です。

そのサイトが稼いでいるかどうか、見抜くことまではできませんが、あなたがそのサイトを通して商品を購入したというのは事実です。

  • なぜ購入に至ったのか?
  • 何が参考になったのか?
  • 自分の心理がどのように遷移したのか?

よく分析してみてください。アフィリエイトは才能、センスではなく、分析・観察・調査です。

4 ネットのブログなどで勉強する

ここらへんからアフィリエイト勉強法おすすめ度が下がってきます。

ネットのブログでは多くのアフィリエイターがアフィリエイトの関するノウハウの情報発信をしています。

その中に本物もあるとは思いますが、見極めるのが困難です。

  • 本当に稼いでいるのか?
  • 本当に稼げるノウハウなのか?

注意したいのが、アフィリエイトは稼げないといった不安を煽る言葉を使ってうまいこと自身の情報商材、コンテンツ販売に誘導してくることです。

なので、ネットのブログでアフィリエイトノウハウを読み込むほどにお金を使っていくという結果にもなりかねないです。

ネットの情報は基本的に疑ってかかるべきであり、真偽が見極められないようならネットの情報は参考にしないほうが良いです。

裏技なんてものはないので素直に一般書籍やASP・広告主主催のセミナーで便器ょうしましょう。

5 情報商材で勉強する

ここらへんからもうおすすめはできなくなってきます。

アフィリエイトの世界には情報商材が溢れています。私もいままでに100万円近くは情報商材に突っ込んできました。

ですが、実際に稼げた金額はというと…数百円程度です。

この情報商材は10名限定です。販売期間は3日の期間限定です。今買わなければ後悔しますよ?

という感じで煽ってきます。それで買って後悔したことはたくさんありますが、買わなくて後悔したことは一度もなかったです。

ですが、実際に参考になった情報商材もあります。

ネット上では未だに評判が高いのが、

  • ルレア
  • アフィリエイトファクトリー

これらは私の今のアフィリエイトのスタイルにも近いです。ですがこれらのおかげで稼げるようになったかというとそうではないと思います。

やはり上述しましたように、一般書籍でマーケティングやセールスの知識を身につけるほうが大切だと私は感じています。

6 アフィリエイト塾・スクール・コンサルで勉強する

アフィリエイト勉強法として紹介はしておきますが、おすすめはできないのが下記です。

  • アフィリエイト塾
  • アフィリエイトスクール
  • アフィリエイトコンサル

なぜおすすめできないかというと、

  • 費用が数十万必要で、非常に高額である
  • 非常に高額であるにも関わらず、稼げるノウハウとは限らない
  • そもそも、それ自身が巧妙な集金システムでしかなかったりする

実際に私はアフィリエイト塾に所属していたことがあります。

結論から言うと詐欺でした。

  • 塾長がほとんど現れない
  • テンプレ回答しかできない講師陣
  • 塾生のほとんどが稼げていない
  • 稼げていないと、さらに高額なバックエンド商品を紹介される
  • バックエンド商品を断った後に強制退塾させられる

弁護士にも相談しましたが、景表法違反にならないよう弁護士監修で設計されているように見えるとのことでした。

つまり、アフィリエイト塾・スクール・コンサルというのはアフィリエイトノウハウを教えて稼げるアフィリエイターに育成することが目的ではなく、それ自身が集金するためのシステムであるということです。

  • 宣伝費
  • 講師陣の人件費

まぁ単純な話、ここまでお金をかけておいて、他人に稼げる話を教えるわけないんですよね。

塾名とかで検索すれば詐欺というキーワードが目立ちます。高額だから仕方ないだろうとは思っていましたが、ネットのウワサは割と正しいのだと実感しました。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. アフィリエイトの勉強方法は一般書籍でするのがベスト。
  2. ASPや広告主の無料セミナーも貴重な情報が手に入るし、交流も図れるので積極的に参加すべき。
  3. ただし、ASPの中でもインフォトップのセミナーはバックエンドが存在するためおすすめしない。
  4. 真偽不明のネットの情報は基本的に疑ってかかるべき。
  5. アフィリエイト塾・スクール・コンサルはおすすめしない。実際に詐欺被害の経験あり。

アフィリエイトではよく、

アフィリエイトはメンターが必要です。独学では稼げません。

と言う人がいます。メンターが必要、独学では稼げない、割と合ってると思います。

ですが、本当に稼いでるアフィリエイターを見つけ出すというのは困難です。

当たりを引くまでアフィリエイト塾とかコンサルにお金を使っていたら破産します。

私の経験上、アフィリエイトは人から教わる必要はないと思っています。むしろ実践している人の体験談とか、実際に稼働しているアフィリエイトサイトから盗むほうが活きています。

お金を使わなければ学べないなんてことはないです。あなたの大切なお金、詐欺師には渡さないようにしましょう。