アフィリエイトの勉強法「商材研究」本気で稼ぎたいならここまでやれ

「アフィリエイトで稼いでいる人ほど商材について深く研究しています。」

これは某ASPの抽選で参加できる勉強会にて、講師の方が言っていた言葉です。

アフィリエイトで稼ぐためには商材について深く知っておく、勉強する必要があります。

なぜなら、商品の強みや弱みがわかっていなければ、商品を購入するユーザーにどのように訴求すればいいかわからないからです。

もっと言えば、商材のことがわかっていなければ、誰をターゲットにすればいいのかわらかないです。

というわけで、アフィリエイトにおける商材研究、商材の勉強方法について書きます。

商品LPで研究する

商材研究における基本は、商品LPをよく読みこんで研究します。

  • 商品の強みは何か?
  • 商品の弱みは何か?
  • 客観的評価、何かの賞は獲得しているか?
  • どのような機能があるのか?
  • 価格は?
  • 割引や解約などの縛りは?

などなど。実際に購入するつもりで商品LPを読み込みます。

商品を購入する人の立場になって読んでみると、気になるポイントがたくさん見えてきます。

会社に問い合わせてみる

いざ購入してみようという気持ちになってみると、不安に思えるポイントがいくつか出てきます。

  • 副作用はあるのか?
  • 電話注文できるのか?

などなど。商品LPを読んでいて、不安に思ったことや、気になることがいくつか出てくるかと思います。

ですが、商品LPを一通り読んでも解決しない。そういった問題は直接広告主に質問して解決させておきます。

基本はASP経由で質問します。…ですが、それだと反応が遅いので、一般ユーザーとして質問するのもアリだと私は考えています。

ビジネスパーソンとして一般ユーザーに成りすます、というのはよろしくはないのですが、「覆面調査」のつもりで問い合わせます。「ミステリーショッパー」ってやつです。

後述しますが、私は実際に購入したりしますので。

このように、ネット上ではどうしても解決できなかった、解決させるためにはひと手間必要、という作業を代行して記事にすることで、オリジナリティも生まれます。

口コミを研究する

商品LPには情報がたくさん詰まってはいますが、売り主側視点の情報なので良い情報しかない、偏りがあります。

アフィリエイトは売るのが仕事ではなく、ユーザーに寄り添って情報を提供するのがお仕事。

ユーザーは、

  • 実際に使ってみた人の感想
  • 良い情報だけではなく、悪い情報

上記のことも知りたがっています。

というわけで、口コミサイトやツイッター、インスタをチェックして口コミを確認します。

まぁ実際にツイッターやインスタをチェックしてみるとわかるのですが、同業者みたいなのがたくさんいます。

口コミの転載、自身のブログへの誘導、そんなのばかりですね。そういったノウハウがあるのでしょう。

そんな同業者が発信する情報の中から、リアルを見つけていきます。

実際につかってみて研究する

上述しましたように、ツイッターやインスタは同業者が多く、参考にならないものが多かったりします。

というわけで、アフィリエイトの商材研究は実際に自分で購入して試してみるのが一番です。

これは某ASPの抽選で参加できる勉強会でも同じことが言われていました。

  • 商品を実際に買ってみる
  • 「開封の儀」から商品購入は始まっている
  • 商品が届いた箱から写真を撮る
  • 商品を手に取った写真を撮る
  • いろんな角度から写真を撮る
  • 使っている写真を撮る

などなど。商品を実際に購入しなければ絶対に提供できない写真をコンテンツにしていきます。

「…あ、この人は本当に自分で購入して使っている人だ!」

と思われなければならないです。

また、実際に商品を使ってみると、商品LPや他人の口コミにはないような商品の強み、弱み、機能が見えてきます。

私の実体験ですが、とある物販アプリ「自動価格改定ツール」。

機能的には自分が出品した商品を自動で価格改定してくれる、時短ツールなのですが、自動で最適な価格に更新してくれることによって販売機会の損失を防ぐ、売り上げアップのためのツールだということがわかりました。

「時短は別にいいけど、売り上げがアップするなら…」

バンバン成約を取らせていただきましたね。

上記のように、実際に使ってみなければわからない機能というものがあるんです。

競合する商品についても調べる

アフィリエイトは1つの商材だけでサイトを作るわけではないです。商標キーワードを狙った場合には1つの商材で1つのサイトを作ることもありますが。

アフィリエイトの基本は「比較ランキングサイト」でしょう。つまり、比較対象となる競合商品、競合製品が存在します。

ユーザーが知りたいことは、

「商品Aについて知りたい!」

よりも、

「●●っていう悩みがあって解決したい。おすすめの商品ってどんなのがあるんだろう?」

のほうが多いです。

競合製品について調べてみると、

  • 商品の強み
  • 商品の弱み

といったことが見えてきます。さらに言うと、

  • 商品Aは●●な人向け
  • 商品Bは▲▲な人向け

というように、ターゲットとするユーザーが見えてきます。

「比較ランキング」系のアフィリエイトサイトは多いですが、

ポイント
「ユーザーは商品の比較をしたいわけではない。むしろ比較なんかしたくない。自分に最適な商品が知りたい」

ユーザーの真の目的をよく考えながら商品について調べると、より商材について深く知ることができます。

その商品、ジャンルの専門家になる

最終的に目指すところは、

ポイント
「その商品、ジャンルにおける専門家」

になることです。

  • 市販の書籍を読みまくる
  • 資格があるなら取得する

昨今のアフィリエイトというかwebの世界では、E-A-Tが大切と言われます。

  • Expertise:専門性
  • Authoritativeness:権威性
  • Trustworthiness:信頼性

この中のオーソリティ、権威性を表現するため、私は自分が実際に読んできた書籍を載せたり、取得した資格を載せたりします。

Googleがその画像を読み込んで高い権威性が判断できるとは思っていません。

ですが、ユーザーには、

「あ、この人はこの道のプロだ!」

と思ってくれるかもしれません。そういった思いがサイトをよく読み込む、回遊率の向上につながり、サイト評価の向上につながる…と私は考えています。

書籍を購入して読むというのはむずかしいことではないです。ですが、資格取得となると難易度あがりますよね。

でも私は極力資格取得するようにしています。というのも、実は取得が難しくない資格は多いです。そして、ユーザーは資格の難易度までは見ない人も多い…私はそう考えています。まぁ飾りですね。

まとめ

以上のことをまとめると下記です。

  1. アフィリエイトの勉強は商材を勉強するのが大切
  2. 商材について誰よりも詳しい専門家を目指す
  3. 商材が属するジャンルについて誰よりも詳しい専門家を目指す
  4. 商品は実際に買って使ってみる
  5. 実際に使ってみることで、自分だけが見つけられる機能が見えてきたりする
  6. 商品が誰向けなのか、理解を深める

商材研究において大切なのは、実際に商品を購入して試してみることです。

ですが、商品を購入するというのは金銭的なリスクもあるから抵抗ありますよね。

そういった場合はセルフバックを一度確認してみることです。全額とか半額キャッシュバックがあったりします。

あとはダメもとで、ASP経由で広告主に交渉してみることです。

それでもダメなら、ヤフオクなどで転売された商品や中途半端に使用済みの商品を探してみてください。

私の実体験として、実際に自分でお金を出して買ったレビュー記事から成約することは多かったです。むしろほとんどがそうだったかもしれないです。

投資信託の記事を作って、お金が減ったと正直に書いた記事で口コミキーワードで上位表示、バンバン成約取った経験もあります。

SHARE